2017年4月22日

旧日本陸軍登戸研究所

今日は旧日本陸軍登戸研究所へ行ってきました。
明治大学の生田キャンパス内にあるので、そのまま敷地の中を歩くわけですが、当然ながら観光地じゃないんで詳しい順路や場所が分かりやすい訳じゃないのでちょっと迷っいながら散策しました。

まずは弥心神社へ

DSC04182.jpg

DSC04178.jpg

DSC04180.jpg

当時の消火栓が2つ残っているようで、ひとつは上に出ているのですが、もうひとつは半分以上埋まってしまったようです。

DSC04185.jpg

DSC04184.jpg

DSC04186.jpg

DSC04189.jpg

生田キャンパスには資料館があるので、資料館でいろいろな資料を見てみます。
風船爆弾の資料があるのですが、風船爆弾って単純に風船を偏西風に乗せて米国に送っていたと思ったら結構凄いシステムになっていて驚いてしまった。
しかも10%も成功していたのには更に驚いてしまった。

DSC04193.jpg

気球の下に砂袋のバラストを用意して、それを順次落としながら高度を保っていたとのこと。
中央に爆弾や焼夷弾を配置していたらしい。

DSC04198.jpg

DSC04196.jpg

DSC04197.jpg

DSC04199.jpg

缶詰爆弾の時限装置となる腕時計ということらしい。今でもスパイのアイテムで使えそう。

DSC04201.jpg

(外国紙幣の)偽札工場があったのだが、耐震や老朽化で解体してしまい、その一部が展示されている。

DSC04202.jpg

DSC04204.jpg

偽札の原盤は当時日本軍が本物を摂取したものを元にしたとのことで、実際には偽札だけどかなり出来が良かったんだろうと思う。
ただ展示したあるものは色合いとかが異なっているんで分かり易いが複製だったりすんで、実際はどうなのかは不明。

DSC04205.jpg

資料館の裏側には弾薬庫跡が残されている。
いかにもって外観だけど中に入ることはできない。

DSC04206.jpg

DSC04210.jpg

DSC04212.jpg

最後に動物慰霊塔へ
対象物がないので大きさが分かりにくいが結構大きい。ただ奥まったところにあって気がつかない。

DSC04213.jpg

DSC04215.jpg

最後に桜がまだ頑張って咲いていた。

DSC04187.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日

ヨコスカサマーフェスタ2016

今年もヨコスカサマーフェスタへ行ってきました。
JR横須賀駅を降りたところで、本日の開会艦である「いずも」が見えてきました。
「いずも」は以前、観艦式のために横浜に寄港ときに見学したので、今回は2回目となります。
前回同様にエレベータで甲板へ移動しました。

DSC03947.jpg

DSC03951.jpg

DSC03952.jpg

DSC03959.jpg

DSC03961.jpg

「いずも」の見学が終わったところに海自ではなく陸自の展示も。

DSC03965.jpg

DSC03967.jpg

DSC03968.jpg

DSC03969.jpg

「いずも」をたっぷり堪能した後に、「しらせ」の見学です。
思った以上に大きい船でしたが、これにいろいろ物資を乗せて、しかも生活するといういうことを考えると、思った以上に小さい感じもしました。
観測員の部屋も見ることができましたが、流石に狭くて生活するには大変そう。ただ食堂だけは大きかった。

DSC03956.jpg

DSC03972.jpg

次に「たかなみ」と「あきづき」。2隻は一緒に見られるように係留されてます。

DSC03974.jpg

DSC03984.jpg

DSC03986.jpg

DSC03987.jpg

DSC03995.jpg

DSC03997.jpg

DSC03999.jpg

DSC04000.jpg

DSC04001.jpg

DSC04006.jpg

「おおなみ」は近くに係留されていたが、こちらは今回は非公開。
翌日「シン・ゴジラ」を見たのですが、「おおなみ」が出ていたのが印象的。「いずも」や「あきづき」も出ていたけど。

DSC04008.jpg

潜水艦も係留されてました。

DSC03989.jpg

「AH-1Sコブラ」、こちらも「シン・ゴジラ」に出てました。まあ活躍はしませんでしたが…
個人的にはガンシップや戦闘機などは複座はタンデムが格好いいと思う。並列複座はぽちゃとしちゃうし見た目がイマイチな感じもする。まあ、タンデムでもぽちゃってるのが多いけどね。それでもコクピット周りはすっきりしてると思う。

DSC04017.jpg

DSC04018.jpg

DSC04019.jpg

最後にもう一度「いずも」を見て帰ることにする。

DSC04020.jpg

当日は、横須賀米軍のフレンドシップデーでもあるのだが、人も多いし疲れるので…遅くなると花火の人も増えて帰りは大変だしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日

真珠湾再訪

前回真珠湾に行った時に太平洋航空博物館があるのを知らずに、途中のシャトルバスで気づいて悔しい思いをしたので、今回はこちらをメインにしてみました。
戦後70週年を期に真珠湾へのツアーの申し込みが急激に増えているらしく、日にちによってはツアーが一杯らしいです。

太平洋航空博物館も真珠湾の米軍基地内にあるために持ち物制限があります。
カメラだけならいいんですけど、バッテリーやらスマホ、予備バッテリー、モバイルルータやらいろいろガジェットを持ち歩くのにカバンが利用できないのは結構辛いです。さらにパスポートや現金カードなども加わります。
ガジェットを持ち歩くときには、ポケットが多い服や大きめのポケットがある服じゃないと大変です。

太平洋航空博物館の建物(格納庫37)に入ってすぐ実物の航空機の展示の最初にあるのがゼロ戦です。
このゼロ戦は実働(静態展示)するらしい。

ここにある写真以外にも多くの飛行機やヘリコプターが展示されているので、すべて見るには結構な時間が必要になります。1時間程度じゃ駆け足じゃないと見られません。ゆっくり見るなら時間の余裕がないと難しいです。

▼零式艦上戦闘機21型
DSC03660.jpg

DSC03664.jpg

DSC03665.jpg

DSC03671.jpg

▼P-40E ウォーホーク(レプリカ)

DSC03672.jpg

▼B-25B(B-25J型をB-25B型に似せたものらしい)
日本人には感慨深いものがある
ただ思ったより機体が小さかった

DSC03685.jpg

DSC03686.jpg

DSC03692.jpgDSC03694.jpg

▼SBD-3ドーントレス

DSC03696.jpg

DSC03709.jpg

DSC03697.jpg

DSC03701.jpg

▼F4F3ワイルドキャット

DSC03699.jpg

DSC03700.jpg

DSC03710.jpg

格納庫37から格納庫79へ移動できます。忘れずに格納庫79へも行ったほうがいいでしょう。
格納庫37は格納庫内が綺麗でエアコンも効いているけど、格納庫79は本当の格納庫なんで結構暑い。

▼F-15Aイーグル
日本でも現役の機体(F-15J)でもあるF-15も展示されているが、これは柵があって近くには寄れない

DSC03713.jpg

DSC03716.jpg

▼F-102Aデルタタガー

DSC03728.jpg

DSC03733.jpg

▼F-14Dトムキャット
映画トップガンで有名なんで名前を知っている人も多い機体だけど両格納庫に囲まれた野ざらし部分に置かれていた

DSC03730.jpg

てくてく格納庫37から飛行機を眺めながらやっと格納庫79に到着。
意外と歩きます。
この突き出ているB-52のコックピット部分は格納庫内から見学できます。

DSC03737.jpg

▼F-4CファントムII

DSC03738.jpg

DSC03740.jpg

▼F-86Eセイバー

DSC03741.jpg

▼MiG-15

DSC03742.jpg

▼F-111C Aardvark
展示物はギリギリまで寄ることができるというか、どこまでも寄れるので下からも撮影可能です。
現役機ではないけど、戦闘機でここまで寄ったのは初めてです。

DSC03746.jpg

DSC03747.jpg

▼F-104 スターファイター

DSC03752.jpg

DSC03753.jpg

▼MiG-21s

DSC03754.jpg

DSC03755.jpg

▼C-47 Gooney Bird

DSC03757.jpg

DSC03759.jpg

▼SH-60Bシーホーク

DSC03762.jpg

▼格納庫79の奥ではさらにリペア中の機体を見られる

DSC03764.jpg

DSC03766.jpg

DSC03767.jpg

DSC03768.jpg

DSC03781.jpg

▼AH-1Sコブラ

DSC03776.jpg

DSC03778.jpg

▼P-40ウォーホークのフライングタイガースペイント版
フライングタイガースは日中戦争時(日米開戦前)に米国義勇軍が日本と戦闘していた機体
フライングタイガースも日本人にとっちゃ感慨深いペイントではある
米国義勇軍という体なので、ペイントにおいても米国の国旗もしくは軍旗などに準拠する国籍マークではなく中華民国軍のマークがペイントされている

DSC03787.jpg

DSC03788.jpg

DSC03790.jpg

▼格納庫79から突き出ているB-52のコックピット部(上部)
コックピット部は2階建てになっているけど、両方共狭くって立って歩くのは辛そう

DSC03792.jpg

目的地だった太平洋航空博物館を後にして、戦艦ミズーリを再訪しました。
ゲートを通ると先の大戦で米国太平洋艦隊司令長官だったチェスター・ウィリアム・ミニッツ像がお出迎え。
東郷平八郎に感銘を受けて、先の大戦後に現在の戦艦三笠を復元した人らしい。この方のおかげで三笠公園で戦艦三笠を現在見ることができるようになった。さらに自署の印税で東郷神社も再建したとのこと。
先の大戦では日本と戦った司令長官でもあるが、その後は日本に貢献している人でもあるようです。
戦艦ミズーリ前の食堂で海軍カレーを食べることができるのですが、この海軍カレーを導入したのも東郷平八郎の影響を受けたミニッツさんのようです。横須賀や呉、佐世保などのカレーだけじゃなく真珠湾にも日本のカレーがあるとは(^^;

DSC03829.jpg

今回は主砲前の甲板を修復中で前方からの撮影が不可能でした。
ということで前方部は全体的に斜めの写真となっています。
現役の空母やイージス艦を見たことがありますが、やっぱり戦艦は迫力もあるし見どころもあります。

DSC03800.jpg

DSC03805.jpg

▼マッカーサー元帥が登場したと言われるドアから覗いた部屋
元は艦長室かなんかかのかな

DSC03807.jpg

▼戦艦ミズーリの日本語ツアーの見学コースに含まれるCEC見学
当然ながら二年前に訪れたときと変わらず
ただ自分のカメラの性能が上がっているのでより綺麗に撮影できていると思う
以下はHARPOONの発射装置だが、近代改修で取り付けられてから一度も使われなかったとのこと

DSC03809.jpg

▼戦闘指揮官の前に設置されているボード
液晶ではなく反対側に立って文字を書くので鏡文字で書く必要があるとのこと
慣れた人だとかなりの速度で書けるらしい

DSC03810.jpg

DSC03814.jpg

DSC03817.jpg

DSC03818.jpg

DSC03822.jpg

DSC03827.jpg

▼アリゾナ記念館
戦艦アリゾナの砲台のベース部分
この部分だけは大きく浮き出ているので、海水が濁っていても戦艦アリゾナの存在が分かる

DSC03831.jpg

▼戦後70年を過ぎてもなお戦艦アリゾナ内の燃料が漏れている
奥には戦艦ミズーリを望むことができる

DSC03836.jpg

潜水艦公園は日本人の辛い歴史が多く展示されていると思う。

▼潜水艦公園にある潜水艦ボーフィン(SS287)
対馬丸事件の潜水艦

DSC03839.jpg

▼人間魚雷回天
なんでこんな兵器(特攻兵器)を作ってしまったのかなぁと思う
こういう兵器は核兵器共々今後絶対になくなることを望みます

DSC03843.jpg

DSC03847.jpg

DSC03848.jpg

DSC03853.jpg

▼潜水艦のカットモデル
結構狭い

DSC03862.jpg

前回、ハワイに行った時には、現地でJALパックのツアーデスクで申し込んだのですが、その時には現地まで連れて行かれてシャトルバスでの移動だったので時間を考えて移動しないといけないことと、時間が少なかったりでした。しかも朝早くの移動。ちょっと消化不良な感じでした。
今回は、現地のJALパックツアーデスクじゃなく、予めJTBのオプションを日本から手配(JTBのパックツアーじゃなくても申し込みは可能)して行きました(実際にツアーを行っていたのはBLUE WAVE TOURなので直接でも良いかも)。
こちらはツアーのミニバンでの移動だったのであまり時間を気にせず、また時間に余裕があったりしたのでとても良かったです。出発時間もあまり早くなく余裕があります。
真珠湾はツアーによってもいろいろあるようです。また、個人で戦艦ミズーリを見学することも可能ですが、特別に戦艦ミズーリ内のCECを見るにはツアーである必要があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日

ハワイ島 (2日目)

ハワイ島観光の2日目は、やっぱり火山観光ということでキラウエア火山国立公園へ。
途中に日本人には馴染みのヒロの街へも行きました。

DSC03561.jpg

溶岩に上がってみたが、このあたりのはアスファルトのように平らな溶岩が続いています。
アスファルトと言われればアスファルトと思ってしまいそうです。
ここの溶岩を持って帰っても問題ないらしいのですが、この溶岩は火の神様のペレの体の一部ということで持ち帰ると災があるとこのこと。持ち帰って送り返す人が結構数いるらしい。

DSC03565.jpg

DSC03568.jpg

▼ヒロにある虹の滝(レインボーフォール)
晴れた朝に虹が見られるらしいが、着いたのは昼だったので当然ながら虹は見られず

DSC03591.jpg

DSC03593.jpg

▼ヒロにあるキング・カメハメハ像
”KAMEHAMEHA THE GREAT”と書いてあるので聞いたところ、初代カメハメハ王だけは”THE GREAT”と言われるそうです。さすがカメハメハ大王。

DSC03595.jpg

▼サーストン溶岩洞
ちょっと短いですけど溶岩洞を歩くことができます

DSC03603.jpg

▼キラウエア火山の火口のひとつ
昼間はもくもくと水蒸気が吹き出ているのがわかります

DSC03623.jpg

▼同じキラウエア火山の火口を夜に見たところ
昼間は水蒸気だけしか出ていなかったのに夜には真っ赤な煙(水蒸気)になっています
やはり直下にはマグマがあるんだなぁと納得してしまいます

DSC03642.jpg

 

今回は申し込んだツアーに含まれていたのですが、ALOHA KONA TOURSのボルケーノ鑑賞ディナーツアーを利用しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日

ハワイ島 (初日)

前回のハワイ旅行はマウイ島へ行ったこともあり、今回はハワイ島に行ってみました。
宿泊したホテルは、コートヤード・キング・カメハメハ・コナ・ビーチホテルでしたが、ここは周りにお店がある地域で散策しても楽しいところです。
さらに、ハワイで一番古い教会という“モクアイカウア教会”にも歩いていくことができます。
このモクアイカウア教会は、写真で分かるように壁に溶岩が使われています。さらに入り口のアーチも溶岩で作られています。
ここは無料で入ることができるので、散策のついでに見学するのも楽しいです。

小さなお店がいくつも海岸線にあるので散策も楽しいです。到着日は散策途中でマイタイを飲んで一服しました。
モクアイカウア教会の向かいにあるフリヘイ宮殿ですが入場料が$8だったのですが、どんな展示なのか気になっていて、翌日にガイドさんに聞いたのですが、ガイドさんも行ったことがないらしく、カメハメハ大王の展示物ならマウイの博物館のほうが良いかもと言われました。実際はどうなのかは気になるところ。

▼溶岩でできた壁
DSC03539.jpg

▼溶岩でできたアーチ
DSC03545.jpg

▼教会内のステンドグラス
DSC03540.jpg

▼教会内
DSC03542.jpg

▼教会側から望む海
手前の砂浜から幾つから色に変わって深くなっていくようだが日本じゃありえないくらい綺麗な海だ
DSC03554.jpg

DSC03557.jpg

コートヤード・キング・カメハメハ・コナ・ビーチホテルは、無線LANを無料で使えます。
最近は、無料で無線LANが使えるホテルが多いので、スマホやタブレットユーザには嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 5日

昭和記念公園でお花見

4月2日に昭和記念公園でお花見をして来ました。
今回はいろいろあって重いのでSONY α7(無印)とSEL90M28Gのみ持参ということで。
意外と中望遠は使い勝手はいいんだけど、ちょっと広角が欲しいときに辛いですね。

昭和記念公園は、陽光桜が咲いているんで濃いピンク色の花弁が綺麗でした。

DSC03416.jpg

DSC03420.jpg

▲ 右側が陽光桜です。かなり色が濃いのが分かると思います。

DSC03457.jpg

DSC03458.jpg

DSC03477.jpg

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日

三渓園まで散策

今日は、JR根岸駅から根岸公園経由で三渓園へ、そこからJR石川町駅まで散策してみた。
最近は寒くて一万歩を達成することができていなかったので、久しぶりに1万歩を歩いたので疲れてしまった(実際には1万8000歩くらい)。

今回はSEL2470Z(24-70mm/F4)を持って行ったけど、SEL90M28G(90mm Macro/F2.8)だけで撮影してみた。だた中望遠なんで建物とかを撮ろうとすると、散策路の関係でなかなか難しい。
猫を撮るなら90mmの中望遠でも問題ないことは分かった。猫を撮影するなら標準ズームより扱いやすいかも。

DSC03269.jpg

DSC03271.jpg

DSC03282.jpg

DSC03288.jpg

DSC03292.jpg

DSC03295.jpg

DSC03297.jpg

DSC03300.jpg

DSC03304.jpg

DSC03309.jpg

DSC03311.jpg

DSC03313.jpg

DSC03323.jpg

DSC03357.jpg

DSC03369_8_7-2.jpg

DSC03375.jpg

DSC03382.jpg

すべてSONY α7 / SEL90M28Gで撮影

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月15日

長崎旅行

11月1日から3日まで長崎旅行へ行ってきた。
初日は雨で寒かったのですが2日目、3日目は晴天で良かった。ただ、数日前にやっと予約が取れた軍艦島ツアーの船のタラップが壊れて軍艦島への上陸が叶わなかったこと。
軍艦島へのツアーは結構人気でなかなか取れないのでちょっと悔しいといったところ。

初日は、長崎空港に着いてすぐに、三菱造船所へ。
ここは予約しないと入場ができないのですが、思ったより人がいない。
世界遺産って言っても、軍艦島以外は意外と行く人は少ないのであろうか。
三菱造船所の旧木型場は、世界遺産を間近で見られる数少ない場所でもある。
長崎空港から(予約者向けに)無料のシャトルバスが出ているのですが、ここで左側に乗ることをおすすめしたい。
理由は、このバスが三菱造船所に入ってから、左手にジャイアント・カンチレバークレーンを間近で見ることができるため。しかし、ここでは工場内であるため写真撮影ができない。
軍艦島へのツアーやグラバー苑観光などで、水の森公園周辺へ行くことがあると思うが、ここがジャイアント・カンチレバークレーンを陸上から見られる位置になる。しかし、ここだとかなり遠いので、近くで見たいのであれば、三菱造船所に予約することをおすすめする。

<<旧木型場>>
日本で最初の切削工具らしい
DSC02883.jpg

木型場の内部で上にも作業場が繋がっている
DSC02885.jpg

アーチ部のれんがが微妙に違うのはあとで作業場を追加したからとのこと
DSC02888.jpg

関電の泊発電所から移設された発電機
裏に回って見ることができる
DSC02890.jpg

91式魚雷
DSC02893.jpg

DSC02891.jpg

DSC02892.jpg

タービンを作成した際に、テストで4分割された一部が展示されている
死者も出たとのことで、このような事故がないように戒めの意味を込めて展示しているとのこと
4分割されたひとつは地面にめり込んだらしく、その凄まじさを感じる
DSC02895.jpg

三菱造船所が作成した船の備品など
DSC02897.jpg

DSC02898.jpg

DSC02899.jpg

DSC02900.jpg

<<大浦天主堂>>
夜に雨が降っていたがグラバー苑と大浦天主堂を見に行った
雨にために結構寒かった

DSC_1813.jpg

<<軍艦島>>
翌日は、前日とはうって代わり晴天
船で軍艦島周遊(船が壊れて接舷できなく上陸できなかった)

DSC02956.jpg

DSC02957.jpg

途中の島にも三菱造船所のドックがある
DSC02972.jpg

DSC02977.jpg

結構な時間がかかるが、軍艦島が見えてきた
DSC02985.jpg

DSC02988.jpg

DSC03001.jpg

DSC03005.jpg

DSC03013.jpg

DSC03042.jpg

DSC03056.jpg

ドルフィン桟橋があるのと反対側から見た軍艦島
わざと暗めにしてますが、こちらから見た風景が戦艦土佐に似ているので軍艦島と呼ばれるようになったとか
ちなみに戦艦土佐については、旧木型場に写真が掲載されていました
DSC03078.jpg

DSC03094.jpg

DSC03103.jpg

中ノ島
ここはあまり紹介されず、近くにも寄らなかった
前から気になっていたけど、気にする人もいないようで私だけが写真を撮っていた
本当はもっと近くで見てみたかった
DSC03132.jpg

DSC_1900.jpg

戦艦武蔵が造船された第二ドック
DSC_1905.jpg

DSC_1906.jpg

DSC_1913.jpg

世界遺産の第三ドック
実際に見ることができないのだが、船からだとかろうじて見ることができる
DSC_1910.jpg

<<小菅修船場跡>>
軍艦島ツアーを終了して徒歩で小菅修船場跡へ
徒歩だと20分弱くらい
誰一人いない
DSC03134.jpg

DSC03137.jpg

DSC03138.jpg

DSC03139.jpg

DSC03140.jpg

<<浦上天主堂>>
一気に路面電車で移動して浦上天主堂へ
DSC03158.jpg

原爆が落ちた時に上の部分がここまで転がって来たらしい
DSC03162.jpg

DSC03163.jpg

爆心地近くへ行くと猫が寝ていた
DSC03169.jpg

DSC03171.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日

セレブリティ・ミレニアム

リタイヤしたら船旅とかしてみたいので、セレブリティ・ミレニアムを視察してきた。
横浜大さん橋に停泊しているので、桜木町から散歩がてら大さん橋へ移動。

DSC02737.jpg

DSC02749.jpg

大さん橋に着くと、セレブリティ・ミレニアムが…
以前、横浜大さん橋に入港した時にも見に来ているので初めてではない。

DSC02754.jpg

DSC02755.jpg

DSC02756.jpg

桟橋の後ろまで移動すると海保の基地が見える。
いつもの場所にはあきつしまが停泊していた。

DSC02757.jpg

DSC02762.jpg

乗り込む直前に、手をアルコール消毒するようになっていた。
さっそく3デッキ(3階)から乗り込んで、エレベーターで最上階位の11デッキ(11階)へ移動。
最上階のQsineは、やっぱり最上階だけあって眺めも良いし雰囲気も抜群だった。
無料のビュッフェもあるけど、こちらは有料とのこと。

DSC02772.jpg

DSC02776.jpg

DSC02778.jpg

DSC02779.jpg

最上階から外に出たところ。
ビーチチェアみたいのが並んでいる。海を見ながらだとかなり寛げそうな感じだ。

DSC02785.jpg

DSC02790.jpg

Qsineの食事の一例らしい。

DSC02792.jpg

こっちはOlympicの食事の一例。
Olympicはその名の通りTitanicの兄弟船の名前だけど、セレブリティ・ミレニアムがオークションで落としたウッドパネルなどが展示してある。

DSC02793.jpg

10デッキに下がったところ。
あきつしまが近くに見える。

DSC02796.jpg

DSC02797.jpg

DSC02800.jpg

プールやジャグジまでが備え付けられている。
こちらは屋外プールで、この先が屋内プールになっている。

DSC02805.jpg

DSC02810.jpg

DSC02812.jpg

DSC02814.jpg

ここが船の先頭部分。
フィットネスジムになっていて、船の進む方向を見ながらランニングできるようだ。

DSC02815.jpg

有料のサウナ。結構おしゃれな感じなんだけど、ハッカ系の匂いがして目に染みた。

DSC02817.jpg

DSC02818.jpg

ワインバーらしい。
プリペイドカードで購入するらしいんだけど、これは面白そうだと思った。こんなのあるんだ。

DSC02820.jpg

 

DSC02821.jpg

DSC02822.jpg

DSC02827.jpg

DSC02830.jpg

船の最後部のレストラン。
ここはかなり大きい。大きな窓から海を展望できる。

DSC02834.jpg

DSC02836.jpg

ショッピングモールも完備してる。
当然ながら免税店なのだが、寄港している時には店が閉まるらしい。

DSC02839.jpg

シアターもあり、ここでショーが開催されるようだ。
落ち着いた雰囲気。

DSC02841.jpg

DSC02844.jpg

そしてカジノ。
旅行の最初は儲かるけど、中盤以降は回収するという噂があるとの説明だったけど、確かに乗っている人って同じだから最初に気持よくさせるってのは確かにありかなとか思ってしまった。

DSC02847.jpg

DSC02850.jpg

DSC02852.jpg

DSC02853.jpg

目の前でパフォーマンスをしてくれた。
写真じゃ分かりにくいけど格好良かった。しかし、よく落とさずに回したりできるもんだと思った。

DSC02860.jpg

DSC02863.jpg

ここがOlympicの前に展示してあるOlympic号で実際に使われた食器など。

DSC02868.jpg

DSC02869.jpg

DSC02871.jpg

このウッドパネルが実際にOlympic号で使われた板ようです。
綺麗で落ち着いた感じです。
ピアノはOlympicに関係あるかどうだか分かりません。

DSC02875.jpg

客室は見ることができなかったけど、リゾートホテルがまるごと入っている感じで、船旅は楽しそうだなぁというイメージが強まった。
値段もばかみたいに高くないんで、いつか乗ってみたいと思う。
例えば14泊15日の日本~上海~台湾~香港とかで$2,309からなので、ちょっと贅沢すれば乗れちゃう感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日

横田基地 友好祭 2015

厚木基地の日米親善祭には、その昔何度か出かけていったことがあったけお、横田基地に行くのは初めてだ。
しかし、シルバーウィークということもあり、人出が凄すぎて大変でした。もう昼を過ぎると基地の滑走路で歩くところがないという状態でした。

DSC02195.jpg

DSC02196.jpg

DSC02209.jpg

航空自衛隊C-130

DSC02220.jpg

陸上自衛隊CH-47
陸自なので、航空迷彩を施してないので、ここでは一際目立つ。

DSC02245.jpg

航空自衛隊UH-60

DSC02251.jpg

米空軍C-17
輸送機はでかい。

DSC02254.jpg

DSC02256.jpg

DSC02259.jpg

 

DSC02265.jpg

米空軍A-6

DSC02270.jpg

DSC02274.jpg

DSC02276.jpg

米空軍E-3

DSC02284.jpg

DSC02287.jpg

航空自衛隊KC-767

DSC02292.jpg

米空軍オスプレイ
今回はオスプレイを見たかったんですが、みんな同じことを考えていたようでオスプレイは大人気でした。

DSC02294.jpg

DSC02295.jpg

DSC02307.jpg

DSC02312.jpg

DSC02322.jpg

米空軍F-15

DSC02314.jpg

DSC02319.jpg

DSC02320.jpg

DSC02326.jpg

DSC02328.jpg

DSC02329.jpg

航空自衛隊T-4
結構小ぶりで可愛い感じ。飛行機嫌いな私でも乗ってみたい気もするが、乗るかと言われると断る。

DSC02332.jpg

DSC02335.jpg

DSC02337.jpg

米空軍A-10
他の戦闘機が綺麗だけど、A-10は先頭部分がボコボコになってる。結構ガンガン使ってるって感じがする。
やっぱりA-10は味があっていい。

DSC02339.jpg

DSC02342.jpg

DSC02346.jpg

DSC02352.jpg

DSC02354.jpg

DSC02356.jpg

DSC02357.jpg

DSC02364.jpg

航空自衛隊F-2

DSC02366.jpg

DSC02370.jpg

DSC02371.jpg

航空自衛隊RF-4

DSC02377.jpg

米空軍F-16

DSC02380.jpg

DSC02382.jpg

DSC02385.jpg

DSC02392.jpg

DSC02393.jpg

航空自衛隊YS-11

DSC02396.jpg

DSC02399.jpg

DSC02400.jpg

DSC02401.jpg

DSC02403.jpg

DSC02404.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧