2016年10月15日

Sony MDR-HW700DS

PCのスピーカーの調子がかなり悪くなってきた事と、椅子をオカムラのサブリナに変えたこともあり、メインの視聴環境をヘッドフォンに変更してみた。
パソコンで映画とかも見ることもあるんで、どうせ購入するのならサラウンドタイプのヘッドフォンをと思い、清水の舞台から飛び降りるつもりで思い切ってソニーのMDR-HW700DSを購入。
HDMI接続で利用することができる最大9.1chの最強の無線サラウンドヘッドフォンである。
ただ、テレビに接続することを考えている製品でありPCに接続する場合にはかなりの労力が必要になる場合もある。

手持ちのディスプレイがDELL 3007WFPという古いディスプレイ(DVI-D接続)と、iPadの液晶パネルをDisplayPortで接続しているだけなので、直接HDMIでの接続ができない環境となります。
とりあえず音を取り出すためにビデオカードをHDMI経由でMDR-HW700DSへI接続してみたところ、HDMIにディスプレイが接続され画像が出力される状態と認識されてしまい、見えない画面が存在してしまいます。いろいろパターンを確認しましたが、どうしても見えないディスプレイが出来てしまいます。
ということでHDMI接続でディスプレイに接続されていないと最低使えないようです。
じゃHDMI接続していないディスプレイの場合にはどうすべきか。
王道ですがS/PDIFを経由するしかないようです。
入力をTVにすることでS/PDIFの入力をヘッドフォンに出力することができるので、こちらで対応するのが間違いないようです。
現在、この環境で2chテレビを見たり5.1chの映画を見たりすることが出来ています。
ゲームで使い方ったけど、思ってみると5.1ch対応のゲームを持っていなかったりするのが…

ただ、スピーカーでゲームをするのとヘッドフォンをサラウンドでゲームをするのでは全く違うことがわかります。ヘッドフォンのほうが確実に没頭できます。
PlayStation 4など専用のコンソールだと5.1ch対応のゲームも多いので、ゲームをするならコンソールのほうが間違いないと思うけど、PCで接続した時もDTS NEO:Xが使えるんで音の広がりは2chと云えどかなり広がりがあり臨場感が増します。

PCで使う場合にはHDMIでしか表示されないメニューが利用できないので100%のパワーを使えないですが、HDMI接続でない場合には使えない(設定できない)機能が多くなるため100%のパワーを出せないかもしれません。
それでも満足がいく製品だとは思う。

ヘッドフォンもUSB充電なのでプロセッサに乗っけたりとか制限がないのがいいかもしれない。
現状は使っていないけどHDMIの3チャンネルセレクタにもなるので、価格が高い製品だけど総合的に考えると値段なりの製品だと思う(決して割高でなない)。
ただ、PCでの接続を考えているならHDMI経由で接続できることが前提になると思う。
もしもHDMI接続でディスプレイに接続していないのであれば、S/PDIF出力があることが必須となる。ただ、常に2chでもいいのであればRCA端子での接続もできるが、それだけのためにこの製品を買うのはもったいないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日

ハワイ島 (2日目)

ハワイ島観光の2日目は、やっぱり火山観光ということでキラウエア火山国立公園へ。
途中に日本人には馴染みのヒロの街へも行きました。

DSC03561.jpg

溶岩に上がってみたが、このあたりのはアスファルトのように平らな溶岩が続いています。
アスファルトと言われればアスファルトと思ってしまいそうです。
ここの溶岩を持って帰っても問題ないらしいのですが、この溶岩は火の神様のペレの体の一部ということで持ち帰ると災があるとこのこと。持ち帰って送り返す人が結構数いるらしい。

DSC03565.jpg

DSC03568.jpg

▼ヒロにある虹の滝(レインボーフォール)
晴れた朝に虹が見られるらしいが、着いたのは昼だったので当然ながら虹は見られず

DSC03591.jpg

DSC03593.jpg

▼ヒロにあるキング・カメハメハ像
”KAMEHAMEHA THE GREAT”と書いてあるので聞いたところ、初代カメハメハ王だけは”THE GREAT”と言われるそうです。さすがカメハメハ大王。

DSC03595.jpg

▼サーストン溶岩洞
ちょっと短いですけど溶岩洞を歩くことができます

DSC03603.jpg

▼キラウエア火山の火口のひとつ
昼間はもくもくと水蒸気が吹き出ているのがわかります

DSC03623.jpg

▼同じキラウエア火山の火口を夜に見たところ
昼間は水蒸気だけしか出ていなかったのに夜には真っ赤な煙(水蒸気)になっています
やはり直下にはマグマがあるんだなぁと納得してしまいます

DSC03642.jpg

 

今回は申し込んだツアーに含まれていたのですが、ALOHA KONA TOURSのボルケーノ鑑賞ディナーツアーを利用しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日

ECS LIVA + kodiにリモコン

ECS LIVAにkodiを入れてみたももの、リビングで使うにはリモコンが必要ということで、リモコンを導入してみました。
できるだけ安いことを目指してRouteRのRW-PCM37BKを導入してみました。

20150726_032051830_iOS

とりあえず受光部をECS LIVA本体に接続してkodiで使ってみたのですが問題ないようです。
基本的に使うキーは決まっているので、使わないキーがありますが、使い勝手は悪くないようです。

マウス機能も付いているようなので、暫定で接続していたマウスを外して、現在はこのリモコンだけを接続しています。
kodiをアップデートするような場合には、マウスとキーボードを接続するか、リモートデスクトップ接続を使うのが良いとは思うのですが、リモートデスクトップ機能は、Windows 8.1 with Bingには付いていないので、それなりのソフトを導入する必要があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日

ECS LIVA

ちょっと前まで普通にネットワークに接続されたビデオファイルを東芝REGZA ZG1で再生できなくなってしまった。
ファームウェアのアップデートなんかでネットワーク経由での自分で録画したもの以外のビデオ再生が禁止されてしまったのだろうか。これじゃ非常にテレビとしては使いにくいというか、他で録画したのを見るためのプレーヤーとしても使っていたので一大事である。
そこでkodiを動作させるためにECS LIVA(LIVA-C0-2G-64G-W-OS)を買ってみた。
こいつの良い所は値段も然ることながら、小さいので置き場に困らないことに加え、OS(Windows8.1 w/Bing 64bit)が付属していること。買ってすぐに使えます。

20150717_103532179_iOS

早速kodiをインストールして仮設定で使っていますが、ネットワーク経由(有線LAN)でのビデオ再生には問題ないようです。
設定を詰めて無線LAN経由などいろいろ試してみようかと思いますが、特に問題ないかと思われます。
eMMCも64GBなのでkodiのインストールにも耐え切れます。
kodi専用PCとしては十分過ぎるPCです。

 

~2015年07月20日 追記~
我が家には実用しているテレビが2台あるんで、ついつい1台追加してECS LIVAを都合2台導入してしまいました。
かなり満足なんですが、居間のテレビはやっぱりリモコン必須なんでリモコンを思案しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月17日

STAR TREK INTO DARKNESS

Star Trek Into Darknessのスペシャルプレビューへ行って来ました。
スタートレック ファンというよりもベネディクト・カンバーバッチ ファンがかなりの割合を占めているようで、会場のほとんどが女性という感じでした。これにはびっくりしました。
日本じゃあんまりスタートレックは人気がないんだろうか…

IMG_1384

第一回目のスペシャルプレビューだったのでプレスが入っていて、いろいろ撮影していたのですが、今朝テレビを見て遠くで見えなかったところが見えて補完できました。
特に、エンタープライズの誕生ケーキの人形をカンバーバッチが食べていたのですが、どんな人形なのか遠くで分からなかったのですが、テレビで写っていたので、あんな人形だったのかぁと納得したり。

IMG_1388

プレス撮影に使ったうちわは戦利品です。

シャーロックを見ていたので、生のベネディクト・カンバーバッチは、髪型を含めてそのままシャーロックで感動しました。
映画は、とても面白かったです。二時間を超えている映画のはずなのに、時間が長いと感じることもなく見ることができました。カーク船長と主要乗組員の若いころの話なので、絶対にこれらは死なないことは分かっているのですが、なんだかドキドキします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年9月20日

館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技

小さな頃から特撮に慣れ親しんできたということもあり特撮博物館へ行ってきました。休日は混み合うと思って会社を休んで行ったのですが、それでも結構人がいました。みんな好きだなぁ。

写真を写すことができるコーナーがあるのですが、これは特別上映されたセットで行えます。こんな具合。

DSC_0552

DSC_0556

DSC_0557

DSC_0556

実際に部屋の中から外を見てみたところ。
ちょっと小津安二郎を意識して低い位置から撮影。だって日本人なんだもの。
DSC_0554

あとは実際に使った大きなセットの一部も見ることができます。
本当に良くできています。最近のカメラは綺麗に写るので偽物っぽい感じもするのですが、少しくらい感じになれば本物と変わらないと思います。

DSC_0558

DSC_0561

DSC_0564

DSC_0563

DSC_0565

DSC_0569

DSC_0571

DSC_0575

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日

俺的地デジをPSP変換メモ その2

XviD4PSPで音声が5.1chのソースをエンコードすると、正常に音声がエンコードできないことに気がつきました。
今度は、BonTsDemuxを使ってエンコードしてみたのですが、こちらは問題ないようです。ということで、BonTsDemuxで直接変換することにしました。

エンコード方式は、”PSP”として、音声出力方式としてStereo(主+副)で変換できているようなので、これでしばらく運用しようと思います。
テストでは、途中でエンコードを停止してしまったので、これでとりあえず本運用としてみようと思う。その結果は、また報告しましょう。

--- 2010年6月9日 追記 ---
とりあえずエンコード方式を“PSP”として、音声出力方式を “Stereo(主+副)”とすれば、ソースが5.1chでも2chでも問題なくPSPで再生できるようです。二カ国語放送は、音声出力方式を“主音声”とすることで問題なく再生できます。暫くは、BonTsDemuxでエンコードしてPSPで楽しもうと思います。

--- 2010年7月1日 追記の追記 ---
二カ国語でも二カ国語ステレオではStereo(主+副)で日本語が優先されているようです。二カ国語ステレオではStereo(主+副)を選択するのがいいでしょう。ステレオでちゃんと聞こえるから。現状の地上デジタルだと二カ国語ステレオ放送がないかもしれないけど、今後映画とかドラマで使われるのかな。WOWOWだとドラマに使われているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日

ついにノイズキャンセリングイヤホン買っちまったよ

ついに電車でビデオを見るために、ノイズキャンセリングイヤホンを買ってしまいました。部屋でちょっと使ってみたんですけど、思ったより環境音ってキャンセルされないのね。でも、電車で少しでも威力を発揮してくれるといいんですけど。
音楽と違って、音声って電車じゃ聞き取り難いんですよね。これでハーバード白熱教室を受講することができます。

ノイズキャンセル時には電池で駆動するんで、単四電池も必要なので、ついでにエネループも追加購入。エネループはいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日

チェ・ゲバラ

昨日と今日で、ソダーバーグ監督の『チェ』2部作を鑑賞。2本見るとやっぱり長い。
第一部は、キューバ革命までの話。第二部は、キューバ革命後からの話に分かれています。別に続き物って訳じゃないですけど(別々に見てもいいけど)、2本見てたほうが良い内容でした。
キューバ革命では、国民の支持もあり成功したように描かれていますが、ボリビアで国民の支持を受けることが出来なく孤独な戦いが描かれています。
対照的に描かれているだけに、とても面白かったです。

私くらいの歳だと、チェ・ゲバラは、単にキューバ革命の英雄のように思ってしまうのですが、映画では英雄という感じには描かれていませんでした。淡々と描かれているだけで、どうして英雄となっていったかあまり分かりませんでした。
ただ、淡々とゲリラとしてのチェ・ゲバラを描いているので、いろいろ考えながら見てしまいます。ハリウッド的な盛り上がりなんかも皆無に近いです(^^;
娯楽作品じゃないですけど、面白かったというか考えさせられました。これが、ソダーバーグ監督なんでしょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月30日

Dr.パルナサスの鏡

今日は、『Dr.パルナサスの鏡』を見てまいりました。
ヒース・レジャーの遺作ってことでニュースになってましたが、確かにヒース・レジャーの出番が少なかったです。
悪魔との契約物の良くある話なのかもしれませんが、うまくまとまっていて、4人で演じていた部分は無理がなかったと思います。
映画自体、見方によっては微妙に退屈かもしれません。だめな人にはだめな映画だと思います。今までのテリー・ギリアム監督作品が大丈夫な人は大丈夫でしょう。

ただ、ちょっと消化不良ってか、意味が分からない部分があったりしたのですが、これは知識不足なんだろうか。
例えば額の文字の意味が分からんかった…

朝、IMAX3Dの『アバター』の状態を見てびっくり。朝10時時点で夜6時くらいの回まで完売してました。まだまだ人気がありますね。かなり早めに予約しないと、見ることが難しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧