« Apple Watchを一週間使ってみて… | トップページ | 天橋立 »

2017年4月22日

旧日本陸軍登戸研究所

今日は旧日本陸軍登戸研究所へ行ってきました。
明治大学の生田キャンパス内にあるので、そのまま敷地の中を歩くわけですが、当然ながら観光地じゃないんで詳しい順路や場所が分かりやすい訳じゃないのでちょっと迷っいながら散策しました。

まずは弥心神社へ

DSC04182.jpg

DSC04178.jpg

DSC04180.jpg

当時の消火栓が2つ残っているようで、ひとつは上に出ているのですが、もうひとつは半分以上埋まってしまったようです。

DSC04185.jpg

DSC04184.jpg

DSC04186.jpg

DSC04189.jpg

生田キャンパスには資料館があるので、資料館でいろいろな資料を見てみます。
風船爆弾の資料があるのですが、風船爆弾って単純に風船を偏西風に乗せて米国に送っていたと思ったら結構凄いシステムになっていて驚いてしまった。
しかも10%も成功していたのには更に驚いてしまった。

DSC04193.jpg

気球の下に砂袋のバラストを用意して、それを順次落としながら高度を保っていたとのこと。
中央に爆弾や焼夷弾を配置していたらしい。

DSC04198.jpg

DSC04196.jpg

DSC04197.jpg

DSC04199.jpg

缶詰爆弾の時限装置となる腕時計ということらしい。今でもスパイのアイテムで使えそう。

DSC04201.jpg

(外国紙幣の)偽札工場があったのだが、耐震や老朽化で解体してしまい、その一部が展示されている。

DSC04202.jpg

DSC04204.jpg

偽札の原盤は当時日本軍が本物を摂取したものを元にしたとのことで、実際には偽札だけどかなり出来が良かったんだろうと思う。
ただ展示したあるものは色合いとかが異なっているんで分かり易いが複製だったりすんで、実際はどうなのかは不明。

DSC04205.jpg

資料館の裏側には弾薬庫跡が残されている。
いかにもって外観だけど中に入ることはできない。

DSC04206.jpg

DSC04210.jpg

DSC04212.jpg

最後に動物慰霊塔へ
対象物がないので大きさが分かりにくいが結構大きい。ただ奥まったところにあって気がつかない。

DSC04213.jpg

DSC04215.jpg

最後に桜がまだ頑張って咲いていた。

DSC04187.jpg

|

« Apple Watchを一週間使ってみて… | トップページ | 天橋立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/65184004

この記事へのトラックバック一覧です: 旧日本陸軍登戸研究所:

« Apple Watchを一週間使ってみて… | トップページ | 天橋立 »