« Apple Watch Series 2 | トップページ | 旧日本陸軍登戸研究所 »

2017年2月24日

Apple Watchを一週間使ってみて…

Apple Watchはfitbit Charge HRの置き換えとして使っている。
そのため、ライフログとしてと、目覚まし時計としての使い方が基本となっている。
これを置き換えたことに関しては特に問題ないようだ。
ただ、ライフログとしての使い方のひとつで+αとしてワークアウトを利用すると思った以上に電池のもちが悪くなってしまうことが気になった。
電池の持ちは、単純に通知を中心に利用して、シャワーの前に腕から外し充電を初めて寝る前に腕に取り付けるという使い方を基本にしているが、これで一日中利用しても問題ない電池の持ち。ギリギリで電池の持ちを切り詰めれば2日くらいは充電なしでいけそうな感じもする。
公称18時間というのは、ワークアウト系のアプリを数時間使ったりということを想定しているのだと思う。

fitbit Charge HRと比較して良かった点は

  • 今までバックルの金属部分でたまに被れることがあったが、それがなくなった
  • 電話だけじゃなく、SMSのメッセージや、SNSのメッセージが通知される
  • 便利なアプリが利用できる
  • ディスプレイが大きく見やすい

ということがあります。
逆にデメリットもあり

  • より大きくより重くなった
  • 電池の持ちが悪すぎる(毎日充電する必要がある)
  • 画面のタップだけで簡単に情報を切り替えられない
  • 睡眠分析機能がない
  • 管理アプリが使いにくい

というのがあります。
睡眠分析はサードパーティのアプリを使えばできるらしいけど、標準で搭載して欲しい機能かな。

一週間使ってみて概ねCharge HRからの置き換えに満足しています。
電池の持ちさえ解決できれば、かなり使い勝手がよくなりそう。
ライフログとして一日中付けている人にとっては結構死活問題なのが電池の持ちだと思うけど、ここに拘る人は他の製品を使うのかもしれない。
ただ、fitbit Charge HRを2つ壊してしまった身としては、どうしてもCharge 2を買うことはできないんだよねぇ…

|

« Apple Watch Series 2 | トップページ | 旧日本陸軍登戸研究所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/64936143

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Watchを一週間使ってみて…:

« Apple Watch Series 2 | トップページ | 旧日本陸軍登戸研究所 »