« Razer Mamba 2016 | トップページ | QNAP TS-228 その後 »

2016年9月 9日

QNAP TS-228

現在利用中のネットギアのReadyNAS Ultra4 (3TBx4)を長いこと使ってきたけど、そろそろ耐久年数を超えてきそうになってきたことと、8.3GBでは容量が不足してきたこともあり、用途を分割して運用するために、QNAP TS-228を導入してみた。
主な用途は写真(RAW/JPEG)の保存と、ソースコードなどの保存用なので、3TBx2で問題ないと判断。
保存するものが多くて、すでに1TB弱を消費してしまっているが、まあ十分じゃないかと思ってる。
これを機会に家人用にもう一台TS-228を導入し、動画データ専用の共用NASのReadyNAS Ultra4と個人で使う用のTS-228という位置づけにしてみた。
一気にNASが3台になったわけだが、見た目がおしゃれなTS-228はどこにでも置けていいと思う。
ReadyNASはビジネス向けという感じで置く場所を選んでしまうからね。

あと、個人的な意見だが大容量のハードディスクが増えているので、RAID5で運用するよりRAID1で運用するほうが個人で使うには便利だと思っている。
3TBx4でRAID5のリスクを高めるよりも8TBx2のRAID1のほうがリスクが少ないとは思う。

TS-228はツールレスなので、NAS初心者にもお薦めだと思う。
ただし、ファンがおもちゃみたいなのでハードディスクの温度が高くなりやすく、7200回転のハードディスクだと精神的に気になるところではある(設置場所も関係するだろうが夏場は常に50度以上をキープ)。
そういう点では、5400回転のハードディスクのほうがいいとは思う。

20160907_092319376_iOS

20160907_092746000_iOS

20160907_093507000_iOS

20160907_094040000_iOS

ちょっと部屋の明るさとかでブレブレだけど、こんな感じになりました。
左がReadyNAS Ultra4で右がTS-228が2台。手前がiPhone6 Plusとなってます。

20160908_120530000_iOS

 

|

« Razer Mamba 2016 | トップページ | QNAP TS-228 その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/64180637

この記事へのトラックバック一覧です: QNAP TS-228:

« Razer Mamba 2016 | トップページ | QNAP TS-228 その後 »