« ヨコスカサマーフェスタ2016 | トップページ | QNAP TS-228 »

2016年8月26日

Razer Mamba 2016

今までMadCatz M.O.U.S.9を長らく使ってきた。仕事でもMadCatz R.A.T.1を使っているMadCatz派である。
しかし、M.O.U.S.9が猫の毛が問題なのかスクロールがうまくできなくなってきたことと、チャタリングが発生することがあるようになったので、新しいマウスを購入することにしてみた。
以前はケーブルが煩わしくない無線マウスを使っていたので、次を無線マウスにしようと思っても意外とスクロールとチルトが両立しているマウスが少ないことに気がついた。
ゲーミングマウスだとチルト対応が少ないってのもあるが、無線だと更に少なくなるようだ。
そこでちょっと高いがRazer Mamba 2016を購入。
有線でも無線でも利用できるマウスというところも良い所だと思っている。

20160826_094816530_iOS

ドック部にマウスを乗せることで充電が始まります。
マウス本体だけじゃなく、ドック部の下も光るようです。ただし、これらは消灯することができるので、光るのが気になる人でも問題ないようです。
クリックも左右の重さを変えることができるんですが、これは大きく変化することはないが重さの違いは感じることができます。
左を少し重めに右を軽めに設定しています。

20160826_101853000_iOS

20160826_103721000_iOS

プロファイルはRazer Synapseで管理することになるのですが、今までRazer Nostromoを使っていたこともあり、(再起動は必要だったが)USB端子に差しこむだけで認識されました。
この辺りは非常に分かりやすいし、プロファイルをクラウドで管理するんで、PCを再インストールした場合なんかは、すぐに復旧できるので便利だと思う。ただし、ネットに繋がっていなければクラウドから同期できなく使えないのが問題ではある。まあ、そんな時にはゲームもできないんだけど。

マウスはいつも掴み持ちだけど、比較的手の小さな私でも問題ない。ということで被せ持ちでも大丈夫だと思う。大きさからみると掴み持ちか被せ持ちが使いやすいのかもしれない。

スクロールのフィーリングはMadCatzと比較して少し重め(というかクリック感がある)だけど、それほど負担にならないと思う。

スクロールが普通に使えるようになったのでストレスがなくなった。
あと、単三電池1本を後部に入れていたMadCatz M.O.U.S.9より専用充電池のMambaのほうが軽いし重心バランスがいいと思う。
無線のゲーミングマウスならお薦めの逸品だと思う。

|

« ヨコスカサマーフェスタ2016 | トップページ | QNAP TS-228 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/64114649

この記事へのトラックバック一覧です: Razer Mamba 2016:

« ヨコスカサマーフェスタ2016 | トップページ | QNAP TS-228 »