« HDRその2 | トップページ | 昼と夜の東京タワー »

2014年12月20日

初Windows8タブレット

タブレットはコンパチブルタイプのThinkPad x61tを持っていたのですが、タブレットという感じじゃない(片手で持てる重さじゃない)製品でした。使い方もペンでタッチができるノートパソコンって感じです。まあノートパソコンとして買ったので問題ないわけですけど。

先日、家人の誕生日にMiix 2 8を買ったのですが、使っているのを見ていて結構使えるなぁと思って、自分用に更に一台追加してしまいました。

20141212_035729361_iOS

20141218_133800000_iOS

数日使った感じですが、ファイルの複写などファイルを選択する場合、うまくファイルを選択したりすることができないということです。思ったより画面に表示される文字が小さすぎ、指でタッチするとちょっとずれてしまうことが多すぎます。ちょっとイラっときますが、これを解消するソフトウェアがあるため、これを導入してある程度イライラ感はなくなりました。

TouchMousePointer

あとは、無線LANの速度が遅すぎるということです。
SDIOの無線LANを利用しているようですが、SDIOのアンテナの特性なのか安定して繋がることがありません。接続が切れることはないようです。
ただ、遅いと言っても普通にWebページを見たりするには問題ないです。動画なんかだとちょっともたつくかもしれません。
動画中心だとちょっと考えないと行けないですね。

そのたInstantGoにも対応しているので、電源ボタンを軽く押した状態で画面が消えていてもバックグラウンドで通信して、データを更新することも可能です。だた、電池の持ちも悪くなります。
InstantGo状態で置いておくだけでiPadと比べても比較にならないくらいバッテリーが減っていきます。この辺りはタブレット専用OSか汎用OSかの差なのでしょうか。
長時間に渡り使わないようなケースだと電源を切断したほうが安心でしょう。毎日使うなら特に関係ないでしょう。

やはりメモリ2GBでeMMCが64GBという構成は大きいと思います。
メモリ1GBじゃ実用的じゃないし、eMMCが32GBじゃあまりにも少なすぎます。そういうことでMiix 2 8は実際に動作する(CPUも含めて)最低限の構成だと思います。

|

« HDRその2 | トップページ | 昼と夜の東京タワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/60837884

この記事へのトラックバック一覧です: 初Windows8タブレット:

« HDRその2 | トップページ | 昼と夜の東京タワー »