« Beaglebone Blackにubuntuを入れたみた | トップページ | ロギングプログラムを作成 »

2014年3月 9日

LM61温度せセンサを接続してみた

Beaglebone BlackにLM61温度センサを接続してみました。

20140309_090745887_iOS

一応、microSDカードにubuntu 13.10を入れてある状態です。
AIN0(P9/39)からデータを取り込めるように接続ました。ブレッドボード楽ちん過ぎます。
このままだと読み込みができないようなので、AINを有効にします。

echo cape-bone-iio > /sys/devices/bone_capemgr.*/slots
cat /sys/devices/ocp.3/helper.*/AIN0

で読み込むことができるようです。 
来週くらいにプログラムを作成してロギングできるようにしてみようと思っています。

このままにしておくと、Beaglebone Blackとブレッドボードを接続しているケーブルが猫の餌食になってしまうので、一度机にしまうようにしようと思います。
猫がいる家庭だと安易に半田ゴテを気楽に使えないので、ブレッドボードはいいですね。

LM61のデータシートだと

VO = (+10 mV/˚C x T ˚C) + 600 mV

Temperature (T) Typical VO
+100˚C +1600 mV
+85˚C +1450 mV
+25˚C +850 mV
0˚C +600 mV
−25˚C +350 mV
−30˚C +300 mV

ということなので、今の時期だと800前後の値がでるのが正しいのか。0度が600mVで1度上がるごとに10mV増えるだけなので計算が楽でいいな。

T = (AIN0 – 600) / 10;

という計算になるのか。

---- 追記 ----
ブレッドボード上の回路を接続して安心してしまってP9とP8を間違えて接続していた(^^;
だから写真は間違えた接続です。とりあえずBeaglebone BlackもLM61もダメージがないようで良かった。

ということで測定した結果ですが

root@ubuntu-armhf:/home/ubuntu# cat /sys/devices/ocp.3/helper.*/AIN0
846
root@ubuntu-armhf:/home/ubuntu# cat /sys/devices/ocp.3/helper.*/AIN0
848
root@ubuntu-armhf:/home/ubuntu# cat /sys/devices/ocp.3/helper.*/AIN0
846

ということで24.6度ということでしょうか。そんなに温度は高くないとは思うんだけど、ディスプレイ(30インチで熱い)の前での測定なんでそんなもんかも。

|

« Beaglebone Blackにubuntuを入れたみた | トップページ | ロギングプログラムを作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/59265493

この記事へのトラックバック一覧です: LM61温度せセンサを接続してみた:

« Beaglebone Blackにubuntuを入れたみた | トップページ | ロギングプログラムを作成 »