« JiNS PC | トップページ | 江ノ島散策 »

2011年10月16日

iPhoneでOTA

iOS5になってから、OTA(On The Air)でいろいろ出来るようになり、iPhoneをPCとUSBケーブルで接続する必要がなくなりました(最初に一度だけiTunesでWi-fi同期設定する必要がありますが)。

iTunesとの同期も速度は遅いですが、無線LANでの接続が可能です。便利なのかどうなのか今のところ微妙です。
iPhoneの電源を入れると、何かの通信をするようでiTunesが立ち上がってしまうことがあります。たまに勝手に同期してエラーになることも。本当は充電時しか同期しないような書き方なのですが、うまく動作していないような気がします(常にiTunesを立ち上げておけばいいんですけど)。

OTAで格段に便利になったのは、フォトストリームだと個人的には思っています。
iPhoneで撮影した写真をiCloudへ自動転送し、(PCにインストールされている)iCloudクライアントが自動的に受信してくれます。写真を撮影後にPCと接続しなくても、勝手にPCにコピーしてくれるので、写真をPCで観たり編集したりが簡単にできます。編集後の写真をアップロードフォルダに入れると勝手にiPhoneへ複写してくれるはずです(こっちはやってない)。
iPhoneの写真を意識しないで複写してくれるのが便利でいいかもしれません。写真が移動するのではなく、写真を撮ったiPhoneのカメラロールにも残っているようです。

新機能の音量”+”ボタンで写真撮影ですが、非常に使いやすいです。とっても便利な機能だと思います。今までより手ぶれがしづらいと思います。
ただ、Windowsに取り込んだ時点で写真がすべて上下反対(というか180度反転)になっちゃいますから、写真編集ソフトなどで180度回転させるなどの対応が必要です。この辺りちょっといまいち。
ホームボタンを右側にしないと180度回転しちゃうので、ちょっと気になっていたのですが、やっぱりそのままでした。

取り込んだ写真はこんな感じ。180度回転してます。
IMG_0598

IMG_0600

秋が近づき毛玉のこんなに大きくなりました。

|

« JiNS PC | トップページ | 江ノ島散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/53006754

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneでOTA:

« JiNS PC | トップページ | 江ノ島散策 »