« 今日は微妙に忙しかった | トップページ | 地デジ放送実験PC その2 »

2010年4月 1日

地デジ放送実験PC その1

地デジPCの実験用PCをついに作成してみました。といっても、一から作成するのも面倒なんで、クレバリーからCOORDY’s Standard mini ENi[SMEi-10A]一式購入して、PT2を取り付けてみました。ベースモデルで22,667円ってのは驚異的な値段ですね。

では、早速取り付けようとしたのですが、なんと大問題が…
ケースが岡谷エレクトロニクスのOEC MX1201-BKなんですけど、この小さいなケースにはPT2がうまく収まり切りません。ぎりぎりブラケットが入りませんでした。
悩んでも仕方がないので、ここを参考にして、一度PT2のブラケットと基盤を分離します。分離するにはブラケット部のねじを二カ所外すだけです。

外したらブラケットを軽く仮止めした状態で、ネジとワッシャをブラケットに取り付けます。ワッシャは落ちやすいので気をつけてください。この状態で、PT2をPCIスロットに取り付けます。完全に取り付ける前(多少余裕があるうち)に、ネジを取り付けてしまいます。ここでしっかり固定したら、確実にPT2を差し込みます。そうするとしっかり固定できると思います。これで、普通にブラケットと本体を固定します。

IMG_0566

IMG_0567

IMG_0569

これでPT2のハードウェアセットアップが完成です。
これからWindows XP Professionalを導入しようと思います。
どんなOSでもいいんだけど、比較的軽いことと、リモートデスクトップが使えることを考えると、Windows XP Professionalがベストな選択ではないかと思います。

ちなみにPT2は、地デジの放送はをそのまま記録する装置で、地デジキャプチャカードではありませんので、そのままで地デジ放送を見ることはできませんのでご注意ください。あくまでも地デジ放送の受信実験目的のハードウェアです。

|

« 今日は微妙に忙しかった | トップページ | 地デジ放送実験PC その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/47968619

この記事へのトラックバック一覧です: 地デジ放送実験PC その1:

« 今日は微妙に忙しかった | トップページ | 地デジ放送実験PC その2 »