« Norton Internet Security 2010 | トップページ | せっかくなのでUSBからWindows 7をインストールしてみる »

2009年10月23日

WD15EADS追加

Western Digitalの1.5TB(WD15EADS)のHDDをWindows Home Server(acer easyStore H340)に追加してみました。
電源を落としてから、前面のトレイに追加するだけ。どんな素人でも1分もかかりませんし工具も一切不要です。本当によく出来ているケースだと思います。
電源を投入すると、下から2番目のハードディスクLEDが紫に点灯します。ここで”Windows Home Serverコンソール”からディスクを追加するだけです。

今まで1台のディスクしかなかったのですが、今回バックアップも兼ねたディスクを追加したことで、フォルダのバックアップを実行する設定にしました。フォルダ毎に設定できるのですが、設定した時点で複写が開始されるようで、いきなりハーディスクが動作し始めました。
これで、ちょっと安心運転できます。やぱり2台ないとちょっと不安です。

ハードディスクを追加したことで、ディスクに余裕ができたので、家人のパソコンの自動バックアップの設定をしました。これもコンソールから簡単にできるのもいいですね。

安定した状態で、標準で付いていた”Hitachi HDT721010SLA360”は47度ですが、追加したWD15EADSは41度ということで、5度ほど違うようです。

空き領域が2.19TBになっていますが、フォルダを複写する設定になっているので、コピーすれば2倍に減っていくことになるんだと思います。
しかし2TBオーバーの領域を見るのは爽快ですなぁ。まだ2スロット空いているんで、容量が足りなくなって2TBが安くなったら追加しようと思う。

現在、バファローのRAID1(500GBx2)のNASと、このWHSでかなり十分だと思う。

|

« Norton Internet Security 2010 | トップページ | せっかくなのでUSBからWindows 7をインストールしてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/46563337

この記事へのトラックバック一覧です: WD15EADS追加:

« Norton Internet Security 2010 | トップページ | せっかくなのでUSBからWindows 7をインストールしてみる »