« 猫の腎不全 | トップページ | 京急油壺マリンパーク »

2007年4月28日

『猫を撮る』を購入

岩合氏の『猫を撮る』を購入しました。
写真集と違って読み物といった感じです。カラーページが最初の数ページしかありません(^^;
読んだ感想ですが、この本を読んだからといって、猫をうまく撮れるということはないでしょう。
ただ、猫を撮影するなら欲しい一冊かもしれません。
前半は猫を撮るときの心得、後半は世界の猫って感じです。

我が家の猫を撮影するときには、50mmのレンズで撮影しています。
これは、部屋が微妙に暗い(のでF1.8のレンズを使用)ことと、部屋だと望遠なんかいらいない(というか望遠を使いほど部屋が広くない…)ためです。
外で撮影するときには、やはり望遠レンズ(なんでもOKな18-200mm)を使ってます。
外の猫は、やっぱり遠くから撮影することが多いです。

ついでにちょっと前から気になっていた『人間狩り』(論創社:フィリップ・K・ディック)のハードカバーも買ってしまいました。
だいぶ前に出ていたのを知らなかった。帯に書いてある第二弾も出ているのかな。

|

« 猫の腎不全 | トップページ | 京急油壺マリンパーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/14873711

この記事へのトラックバック一覧です: 『猫を撮る』を購入:

« 猫の腎不全 | トップページ | 京急油壺マリンパーク »