« 長かった冬休みも終わり… | トップページ | 猫団子 »

2007年1月19日

キャノンのコピー機に発火の恐れ

今度はコピー機--キヤノン製品で発火の可能性』(CNET Japan)

発煙・発火の可能性があるコピー機は、「FC-1」と「FC-2」の2機種。国内出荷台数は、FC-1が4万2890台、FC-2が4万3647台。どちらも1990~1993年に製造されている。

我が家にもキャノンの個人向けコピー機があるんですが、このFC-1やFC-2じゃないタイプですが、先日キャノンが自主的に整備していきました。
もしかしたら、これと同じ問題があるのかも(^^;
それとも、このタイプと間違えて整備していったのか(^^;
とりあえず無償修理で、発火の恐れがあるようなことを言っていたので、これのことだと思うんだけど。

|

« 長かった冬休みも終わり… | トップページ | 猫団子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/13577494

この記事へのトラックバック一覧です: キャノンのコピー機に発火の恐れ:

» キヤノン コピー機 発火の可能性 [Te2MODE.COM]
 キヤノンは1月18日、自社製コピー機の一部製品で発煙・発火の可能性があることを発表した。これを受けて、可能性のある製品への点検などを無償で行うことを明らかにしている。  発煙・発火の可能性があるコピー機は、「FC-1」と「FC-2」の2機種。国内出荷台数は、FC-1が4万2890台、FC-2が4...... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 午後 10時48分

« 長かった冬休みも終わり… | トップページ | 猫団子 »