« 新しい年の猫 | トップページ | 第57回 NHK紅白歌合戦への苦情殺到 »

2007年1月 1日

フセイン元大統領の死刑が執行

最期まで挑発…フセイン元大統領「裏切り者、米国人!」』(イザ!ニュースより)

元大統領は、在任中にイスラム教シーア派住民を殺害した「人道に対する罪」でバグダッドの旧軍情報施設で30日、絞首刑となった。

フセイン元大統領の死刑が執行されたということです。
罪状については、上記引用のように“在任中にイスラム教シーア派住民を殺害した「人道に対する罪」”ということらしいです。
独裁者として反乱分子を排除ということなんでしょうか。
亜米利加がイラクに侵攻しなければ、この裁判自体は存在しなかったことを考えると、これも戦争裁判なんでしょうね。
いつも思うのですが、負けた国は罪に問われ、戦勝国は正義となる(ただ、イラク戦争はまだ終戦ではないと思いますが)不思議さが漂っています。
戦勝国は誰も責任を取らないし、問われないというのも不思議です。

元々は、キリスト教徒とイスラム教徒の宗教戦争だと思うんですが、日米安保という名の下に、日本も参戦するのもちょっと不思議な感じもします。
テロに対する報復…国を揚げてのテロかもね。

|

« 新しい年の猫 | トップページ | 第57回 NHK紅白歌合戦への苦情殺到 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/13296558

この記事へのトラックバック一覧です: フセイン元大統領の死刑が執行:

« 新しい年の猫 | トップページ | 第57回 NHK紅白歌合戦への苦情殺到 »