« 江ノ島:猫散策その1 | トップページ | ThinkPadがバッテリ回収 »

2006年9月28日

天下り規制撤廃

阿倍内閣になって、さっそく公約に掲げている“再チャレンジ”が実行されることになったようです。
普通の民間人ではなく、官僚の再チャレンジのようです。

安倍政権 天下り規制撤廃 「口利き」罰則は強化』(イザ!ニュースより)

安倍晋三首相は27日、官僚の出身官庁と密接な関係にある民間企業への天下りを2年間禁止する現行の規制を撤廃し、代わりに天下り後の「口利き」に対する罰則を強化する方針を固めた。

官僚が民間に就職するのは特に問題ないですが、「口利き」がいろいろ影響するわけで、これを強化するというらしいですが、実際にどのように強化するのか。

改革案では、2年間規制の廃止に伴う事前チェック策として、国家公務員が在職中に密接な関係にある企業に再就職を依頼することを禁止する。また、天下った公務員OBが許認可や契約について出身官庁に働きかけることを禁ずるほか、現職公務員の側にもOBから働きかけがあれば監察官に届け出る義務を負わせ、違反者には刑事罰を科す方針。

密接な関係がある企業へ再就職を依頼することを禁止するということですが、官僚OBがいる企業に有利になると分かっていれば、依頼しなくても、企業側で受け入れることができるんじゃないのかな。
現役公務員側にOBが働きかけがあれば、届け出の義務があるっていっても、OBに頭が上がらない部下がいれば、今まで通りってこともありえるわけで、このまま法令化したとしても、きっと抜け道だらけなんでしょうね。
まあ、こんなのはいつものことなんで、驚きもしませんが…
こういう規制ができなかったから、天下りを規定された年数、天下りできないようにしていたわけじゃなかったんでしょうか。
もう面倒だから天下り禁止にして、出世レースから外れた人は、窓際で定年まで勤め上げればいいんじゃないのかな。

これに伴って、各省庁下のいらない法人をすべて廃止にして欲しいですね。ほとんどいらないと思うんだけど。

|

« 江ノ島:猫散策その1 | トップページ | ThinkPadがバッテリ回収 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/12073979

この記事へのトラックバック一覧です: 天下り規制撤廃:

« 江ノ島:猫散策その1 | トップページ | ThinkPadがバッテリ回収 »