« 海遊館へ | トップページ | 旅行前夜の猫たち »

2006年9月10日

若者の政治関心度

20、30代の8割、総裁選に関心は高いが… 』(イザ!ニュースより)

総裁選をどう感じているかについては(複数回答)、「特に関心がない」が1割未満と極端に低く、「国民の投票を経ずに総理大臣が代わるのはおかしい」が約45%、「政策の中身よりもキャラクターやスローガンで進んでいるように見える」が約43%だった。

設問に意図があるのか、「国民の投票を経ずに総理大臣が代わるのはおかしい」って人が半数近くってのは面白いですね。
日本は、アメリカのように大統領制ではないので、国民の投票で選ばれた議員が選択するわけで、それに文句があるのだったら、最初から自民党を選択しないほうが良いわけで…
「政策の中身よりもキャラクターやスローガンで進んでいるように見える」も半数ですが、これで小泉さんを選んだ人が多かったことも忘れちゃったのか、20-30代の人は、自民党に投票しなかったのか、棄権した人が多かったと言うことなんだろうか。

「20~30代の声は政治に反映されているか」に対し、約81%が「いいえ」と回答。小泉政権の政策については(複数回答)、約37%が郵政民営化を評価している。

これも設問にしかたに意図があるのか分かりませんが、郵政民営化ついて評価しているということだけど、まだ民営化されたわけじゃないので、評価もくそもないわけで、それなのに評価していると考えている人が3割もいるなんて、ちょっと考えられないですねぇ。

まあ、そう考えるとこういうのは設問の妙ってやつなんでしょうね。
自民党次期総裁候補(という言うよりも次期総裁とその他の人々)が秋葉原で演説したくらいでニュースになるってのもなんだな。
安い牛丼が売ることが出来ない吉野家が、うまくニュースを操って牛丼販売開始を宣伝するのと同じか。

20-30代の人が、棄権せずに選挙に行くことで、いろいろ変わってくることも多いと思うんだけど、結局関心は高くても選挙に行かない人が多いんだよね。

|

« 海遊館へ | トップページ | 旅行前夜の猫たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/11833531

この記事へのトラックバック一覧です: 若者の政治関心度:

» ローゼン麻生(麻生太郎) [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
政治家、麻生太郎のこと。 麻生財閥の元社長、吉田茂の孫、まさに、政界のプリンス。 このたび、自民党総裁選にも出馬表明。 そんな麻生氏、意外と、はっちゃけた趣味がおあり。 [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 午前 08時44分

« 海遊館へ | トップページ | 旅行前夜の猫たち »