« 日本が舞台の怪獣映画 | トップページ | 掃除をしていたら »

2006年8月28日

社会保険庁1800人弱をかなり甘い処分

社保庁1800人を処分 国民年金保険料の不正免除で』(イザ!ニュース)

社会保険庁の村瀬清司長官は28日午後、国民年金保険料の不正免除問題で、不正に関与するなどした職員1752人(うち本庁職員8人)の処分を発表した。うち国家公務員法が定める懲戒処分は停職(6人)、減給(81人)、戒告(82人)の計169人。残りは訓告などの内規上の処分。
 最も重いのは静岡社会保険事務局の前局長と大阪社保事務局年金部長の停職2カ月。指揮監督責任については、管理職としての監督が不十分だったとして村瀬長官ら本庁の4人を訓告とした。

かなりの職員が処分されるようですが、一番重い処分って2ヶ月の定職なんですね(^^;
公文書偽造や私文書偽造か何かの違法行為もあると思うんですが、まったく刑罰もなしで、国家公務員は犯罪(法律)からも保護されているということを改めて実感しました。
公務員じゃなかったら逮捕者が出るんでしょうけど、国家公務員なんで逮捕者が出ないなんて、国民は納得しないでしょうね。
社会保険庁を解体して、新しい社会保険庁を作るみたいですけど、看板の付け替えだけで中身は変わらないんだから、そんなことせず、不要な社会保険庁を解体で終わりって具合にすりゃいいのにね。極端な話になっちゃうけど、郵便局員がお金を回収してもいいんだし、宅配業者みたいな人が代行しても良いわけだから、こういうのを民営化すりゃいいんですよね。
民営化しても何も変わらないものを民営化という名前だけのものにして、こういう身のある物を民営化しないなんて不思議。

|

« 日本が舞台の怪獣映画 | トップページ | 掃除をしていたら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/11650520

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険庁1800人弱をかなり甘い処分:

» No.385:一刀両断 [!? びっくり&はてな]
 おはようございます。不祥事が続発している社会保険庁ですが、年金不正免除問題に関する処分を発表しました。 ? 社会保険庁の村瀬清司長官は28日、国民年金保険料の不正免除問題で、不正に関係した職員計1752人(うち本庁職員8人)を処分すると発表した。国家公務員法に基づ... [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 午前 08時15分

« 日本が舞台の怪獣映画 | トップページ | 掃除をしていたら »