« 米国産牛肉を使う吉野家 | トップページ | 東京大停電 »

2006年8月13日

携帯電話暗号解読器

8月13日放送の『噂の東京マガジン』の「噂の現場」で、携帯電話の暗証番号を解読する特殊な機械を紹介していた。
どうやって入手するかは、一般の人には難しいかもしれませんが、インターネットなどで販売されているんでしょう。
今回の放送で気になったのは、このような特殊な機械があり、それにより解読されてしまうという印象が強くなってしまうことです。
実は、市販されている携帯電話のバックアップソフトで、この機能が実装されているものがあります(あえてメーカは書きませんが)。
特殊な機械は、数万円だと思うんですが、こういう市販のバックアップソフトであれば、数千円で購入できちゃいます。
電機量販店なんかで買えちゃうわけで、そう考えると、この噂の現場で放送されていたことは、かなり怖いかもしれません。
番組中で紹介された特殊な機械を販売していた会社の社長が言っていたとおり、携帯電話の暗証番号と、 クレジットカードなどの暗証番号同じにしないことがいいみたいですね。

ちなみに、携帯電話の暗証番号は、 (あまり知られていませんが)ほんのちょっとの知識があれば解析できちゃうのが困りものですね(^^;
携帯電話にもクレジット機能などが盛り込まれてきているので、現在の4桁固定長の数字から、 可変長の英数字なんかに変更する必要があるかもしれません。

|

« 米国産牛肉を使う吉野家 | トップページ | 東京大停電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/11417013

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話暗号解読器:

« 米国産牛肉を使う吉野家 | トップページ | 東京大停電 »