« 里子から帰ってきました! | トップページ | 背骨が曲がってませんか? »

2006年5月26日

ひかり電話 ~ルータがやってきた~

ひかり電話対応のルータがやってきました。
やって来たのは、RT-200NE(日本電気製らしい)という製品でした。
大きさは、現在使っているWR7600Hと高さが同じくらいで、幅が倍になっています。
さっそくインターネットで検索したみたのですが、(レンタル)専用の無線LAN PCカードしか接続できないらしい。
現在、同じ日本電気製のWR7600Hを使っているので、この無線LAN PCカードが使えるかと思ったのですが、だめなようです。
このカード(WL54AG)って、WR7600H内蔵のを含め2枚持っているんで、使えると非常にありがたかったんですが…
最近は無線LAN PCカードは、数千円で買えることを考えると、毎月数百円なんてかなり高額な気もします。 なんとかならないでしょうかねぇ。

rt200ne

主回線の電話番号は、そのまま引き継ぎ音声専用とし、マイナンバーで1回線追加してFAX専用にする予定です。
このRT-200NEは、アナログ回線を2回線収容できるようですが、このほかSIPフォンを3回線収容できるみたいです。
これを利用して、別の部屋にLANで電話を引こうと思い、ドイツのSnom社のSnom 105 SIPフォンを購入してしまいました。
電話自体ちょっと大きいのですが、電話線じゃなくLANで引き回せるんで、 パソコンが置いてある部屋に引き込もう(HUBにLANケーブルを刺すだけですが)と思っています。

明日あたり試してみる予定ですが、ひかり電話開通してなくても、 このルータRT-200NEをWR7600Hと置き換えられるんだろうか。
月曜の朝に開通らしいのだが、会社に行かんといけないし、家族に任せるのもなんなので、自動的に切り替わるといいんだけど。 NTTに聞くの忘れちゃったよ。

既にある050番のIPフォンをどうするかでしょうね。
これを機会に、NTTのVoIPアダプタを返しちゃおうと思っているんですが、せっかくある050番IPフォンをどう使うか。
最近、人気があるみたいなAsterisk(情報はvoip-info.jp)を使ってSnom105と一緒にRT-200NEに収容してしまうというのもありかもしれないけど、 050番IPフォンってあまり使っていないんで、知らなかったことにするというのもありか…

|

« 里子から帰ってきました! | トップページ | 背骨が曲がってませんか? »

コメント

無印のWL54AGカードなら、「モデムプレゼントキャンペーン」等で支給されるモデムに使えるので、そこそこの需要があり、最近の普通のカードより高値で取引されてますよ。

WR7600Hは、無線LANブリッジ(AP)に出来ないのですかね?

投稿: Rupo@川口探検隊 | 2006年5月30日 午前 02時14分

WR7600Hは、無線LANのアクセスポイント&ハブに成り下がりました。
PCカードってどうも手放しにくく、ついつい同じようなカードが何枚も…
メルコのLPC2-CLTという10BASE-Tカードや、WLI-PCM-L11GPという11bカードも有休中。

RT-200NEは、ちょっと格好悪い。

投稿: ふるかわあきひと | 2006年5月30日 午前 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/10251576

この記事へのトラックバック一覧です: ひかり電話 ~ルータがやってきた~:

« 里子から帰ってきました! | トップページ | 背骨が曲がってませんか? »