« まだまだ暑いと思ったら涼しくなってきました | トップページ | 北海道の食文化 »

2005年9月22日

マルちゃん「やきそば弁当」

マルちゃんの「やきそば弁当」です。
どうも北海道だけでしか販売されていないらしい。
それなのに、パッケージの中央に“おいしさを北海道の工場から!!”なんて書いてあります。

やきそば弁当

味は、最近の濃い味(マヨネーズ味とか)のものよりシンプルです。昔ながらの焼きそばカップ麺といったところでしょうか。
面白いのは、3分後に捨てる湯をスープにするところでしょうか。

小さい頃は食べていた思い出があるんですけど、関東に来てから見たことがないと思っていたら、北海道限定だったというのをつい最近しりました。
この前、北海道に行ったときに話題になったのですが、帰って数日したら、北海道から送ってきました(^^;

東北・信越限定の「焼きそばバゴォーン」ってのもあるみたいですね。今度買ってこようかな。

検索したら、All Aboutでも紹介されてました。

|

« まだまだ暑いと思ったら涼しくなってきました | トップページ | 北海道の食文化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/6069419

この記事へのトラックバック一覧です: マルちゃん「やきそば弁当」:

» 焼きそば弁当 [試食日記]
おはようございます。朝5時。まだ真っ暗です。焼きそば弁当をご存じない方もいらっしゃると思います。北海道でしか売ってないと言う人もいます。あまりにもポピュラーなので、限定品というイメージがない。インスタント焼きそば。お湯をかけて3分間待つ。そのお湯は捨てずに、同梱されているスープに使う。もったいない思想が入っているようなインスタント食品。安いし、気軽に試していただきたい。http://depakita.jp/detail_11229.html... [続きを読む]

受信: 2005年10月 2日 午前 04時40分

« まだまだ暑いと思ったら涼しくなってきました | トップページ | 北海道の食文化 »