« 失踪日記~吾妻ひでお | トップページ | 黄金週間の猫たち »

2005年5月 2日

中国連想集団が世界3位のメーカーへ

Club IBMからThinkVantage Clubへでも書きましたが、 YAHOO!ニュース(共同通信社)でも記事になっていました。

 中国のパソコン大手、聯想(レノボ)グループは1日、 昨年12月から進めていた米IBMのパソコン事業買収が同日付ですべて完了したと発表した。 今年6月末までとしていた買収完了時期を約2カ月早め、世界3位のパソコンメーカーが誕生した。

遂にThinkPadがIBMから離れ、レボノに移行するようです。
また、記事中に

 数週間以内に新製品を発表すると明らかにした。

ということなので、今回発表されるのは、ThinkPadの系統を引き継いだもの(ThinkPad Tablet Series X41か?)だと思いますが、今後どのようになって行くんでしょうか。
黒い筐体排除や、トラックポイント排除なんていうと、かなりThinkPadと異なるイメージになりますね。

|

« 失踪日記~吾妻ひでお | トップページ | 黄金週間の猫たち »

コメント

最近の情勢から考えて、どうしても切り離せないものは反日感情というものです。自分の国の首相の顔写真を切り刻まれたり、落書きされたり、さらには国旗まで燃やす。彼らは彼らで不買運動といっているが、そうした行為で政治家以外の人間がどれだけ嫌な感情を受けたか知っているだろうか。反日教育を受けた多くの学生や若者が将来(今にでも)レノボに入社する。そうした人間たちが小日本を顧客として扱うとは思えない。自分のThinkpad240は去年壊れてしまいました。購入価格以上に働いてくれました。これも良い潮時。彼らが言う愛国には程遠いが、普通の国民感情から、わたしは絶対レノボのPCは買わないし、選択技にもはいりません。どれを買っても中国の影はついてまわりますが、中国メーカーのものだけは買う気がおきません。貧相な考えかもしれませんが普通ならそうじゃないでしょうか。さようならIBMさん、また戻ってきてください。レノボに移られたIBMの方も「小日本」なんて言葉に負けずにがんばってください。

投稿: watafunk | 2005年5月 2日 午後 03時33分

ThinkPadにしても、随分前から中国製だったりしますし、現在の日本製品にしても、中国製などが多いはずです。
また、ちょっと前まで服なんかは北朝鮮製が多かったと思います(これは明記していないことが多いみたいですが)。
確かに国民感情から他国製品の非買運動という動きがあるかもしれませんが、このグローバルな社会において、非常に難しい状況だと思います。
どのように他国と協調すべきか、正しい舵がとれる日本になるべきでしょう(現在は、お世辞にも正しいとはいえない)。

でも、日本の国民感情からすると、反米ってほうに進むと思うけど(^^;
"思いやり予算"という素晴らしい国民のお金を吸い上げ、未だに日本を占領国気分の米国ですから(国連の旧敵国条項も関係しているのか)。

投稿: ふるかわあきひと | 2005年5月 2日 午後 05時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/3942056

この記事へのトラックバック一覧です: 中国連想集団が世界3位のメーカーへ:

» レノボ・ジャパン設立 [k-MT]
 さてさて、サイト内容はIBMから移行した感じであり、今までIBMブランドで売られていた製品も販売される感じです。  と言うことは、今後生産される古いモデルなんかもレノボモデルになってしまうの?ひょっとして値段が下がるのを待ってしまった私にもう未来はない?  中国のLenove GroupによるIBMのPC事業買収が完了し、米Lenovoが設立されたことを受けて、同社の日本法人である「レノボ・ジャパン株式会社」が5月2日に営業を開始すると発表した。 レノボ・ジャパン設立。5月2日より営業開始 ITm... [続きを読む]

受信: 2005年5月 3日 午後 04時34分

« 失踪日記~吾妻ひでお | トップページ | 黄金週間の猫たち »