« 今日は猫の日 | トップページ | 猫はぽかぽか »

2005年2月23日

HD-160LAN復活

いろいろ調べると40mm×40mm×10mmのファンが付くらしいということで、さっそくファンを買ってきました。
秋葉原のDOS/Vパラダイスで1,150円(税込み)で購入できました。
購入したのは、 AINEX社CF-440SS(ADDA社製AD0412LX-G73)というファンです。
このファンは、静音タイプのようで、排気効率が多少悪いですが、以前付いていたファンと同スペック(DC12V/0.08A)のようです。
ただ、後ろに手を当てた感じとしては、以前の交換前のファンよりも排気が強い感じもします。しかも、 HD-250LANより勢い良く排気してます。
HD-160LANに付いていたファンは、ADDA社製AD0412LX-G72という製品でした。
同じADDA社製ということで、大丈夫だと思うんですが、追い番のG73とG72の差はなんだろう。
ちょっと調べたりすると最近のHD-HLANなんかはADDA社製AD0412LX-G76を使っているような感じなので、 AD0412LX-G7xシリーズを使っている限り問題ないのかもしれません。

ファンの交換ですが、簡単にはいきません。
まず、新規購入したファンは、小さな3ピンコネクタと、4ピン電源コネクタのコンバータが付いています。
HD-160LANですが、コネクタ形状が異なりますので、加工する必要があります。
私は面倒だったので、ファンのケーブルを途中で切断し、新しいファンを接続しました。
赤いケーブルと赤いケーブル、黒いケーブルと黒いケーブル、黄色いケーブルと灰色のケーブルを接続します。
とりあえず、これで問題なく動作しています。
HD-160LANのファームは、最新版の2.13a(今回の改造を機に2.13から制限解除へアップデート)を利用しています。

交換後ですが、HD-160LAN(左)とHD-250LAN(右)が並んで動作しております。
どちらも我が家で一番と二番のハードディスク容量だったりしますが…

~2005年02月25日追記~

どうもまだDIAGランプが4回点滅して停止することがあるようです。ファンは回っているので、始めに付いていたロックセンサタイプか、交換したパルスセンサタイプかの差異が原因だと思います。
とりあえず制御に使っていると思われる白い線(黄色い線)を外してみましたが、これを外すと確実に4回点滅します。
どうすることもできないので、すべての線を結線して使っていますが、どきどきです。
お金ができたら玄箱を購入するのがベストなんでしょうかねぇ

以上のレポートは自己責任ですので、この記事を見て改造した方で、 故障の原因および保証対象外になったとしても一切の責任は負えませんのでご注意ください。

|

« 今日は猫の日 | トップページ | 猫はぽかぽか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/3052456

この記事へのトラックバック一覧です: HD-160LAN復活:

« 今日は猫の日 | トップページ | 猫はぽかぽか »