« 餌待ち渋滞 | トップページ | 眠い… »

2004年10月22日

シリアル-シリアル 変換アダプタ

USB -> シリアル 変換アダプタを購入しました。
理由は、今回購入したThinkPad T41に、なんとシリアルポートが付いていないからです。
携帯電話のバックアップソフトもシリアルケーブルだし、Windowsのドライバのデバッグもシリアルでやっているんで。
※Windowsドライバは、IEEE1394でもできるんですどね

探すと結構高い製品しかないので、驚いてしまいますが、安い製品を教えてもらいました。
秋月電子通商で取り扱っている製品です。
今日現在で、\1400円(税込み)と激安です。
おいおい、ちゃんと認識すんのかよって値段ですが、特に問題なくThinkPadで認識しました。

パッケージは、CD-ROMと、ケーブルです。これに延長ケーブルも付いていましたが、使わないと思います。
これで、ご愛用のWindowsドライバのデバッグケーブルも利用可能。

ThinkPad T41で認識させた結果。

まあ、気になるところとすれば、高い製品(例えばI/Oデータ社)と比較して、ちょっとダサイところでしょうか。
それと、あんまり小さくまとまりません(^^;

とりあえず、一つの目標だったソニーエリクソンで提供している SO506iCバックアップソフトを起動してみました。
ケーブルは、USB接続の「USBデータリンクケーブルF001」と「データリンクケーブルSO003」しか選べませんが、気分的にF001を選択して実行したら問題なく読み込み成功。
特に問題ないみたいです。
これで、メンテナンスも楽々です。

~追記 2004/10/22~
Prolific Internet Support Centerから最新のドライバ(2.0.0.26)がダウンロードできました。
CD-ROMに入っているものより新しいみたいです。
これを入れると"Prolific USB-to-Serial Comm Port"という表示になりました。
使われているチップは、PL-2303という製品みたいです。

~追記の追記~
ついでに「データリンクケーブルSO003」のドライバを調べてみました。
なんと、Prolific PL-2303みたいです。
てなことで、携帯電話と接続可能なシリアルケーブルを既に持っている人は、結局このアダプタを買っちゃうと、SO003と同じになるってことなんですね。
Prolific PL-2303って、どこにでも使われている普通の製品なんですね。
もしかすると、USBデータリンクケーブルF001ってのもProlific PL-2303を使っているのかも。

ってことで買って正解でした。
見栄えが良いだけで5000円以上するなら、こんな安価な値段で買える製品は、非常に(妻帯者の懐には)嬉しいです。

|

« 餌待ち渋滞 | トップページ | 眠い… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/1746619

この記事へのトラックバック一覧です: シリアル-シリアル 変換アダプタ:

« 餌待ち渋滞 | トップページ | 眠い… »