« テレビゲームとデジタル科学展(こうさぎ) | トップページ | スパイダーマン2 »

2004年7月22日

MPEG2編集ツール

最近は、PCで録画したMPEG-2映像を、編集したりします。
当時、MPEG-2の編集ツールは、大抵GOP単位で編集するもので、それ以外は、再エンコードになってしまい、時間がかかってしまうことがありました。
そこに登場したのが、カノープス社のMpegCraftです。
この製品は、GOP単位での編集の他に、フレーム単位で編集し、必要な部分のみ最エンコードすることができるため、今までTV CMなどをカットしていて、どうしても綺麗に切れなかった部分も、綺麗に切り取れるようになりました。

これで編集後に、DVD Videoにする場合には、DigiOn Author2 for DVDで保存していました。

PCでの録画だと、2段階で済むんですが、これに民生DVD/HDDハイブリッドレコーダーが入ると、MPEG-2にするために、Panasonic MovieAlbumで、一度変換しないといけません。
Dolby Digital(2ch)から、PCMか何かに音声を変換するために、結構時間がかかったりします。

ここで、登場したのがTMPGEnc MPEG Editorです。
これだと、民生ハイブリッドレコーダーのDVD-RAMから直接読み込んで、編集できるので、PCと同じ2手順でDVDに焼き付けることができそうです。
しかも、MPEG Craftと同じように、GOP単位だけでなく、フレーム単位で編集することが可能なようです。
これは、買いかなと思っていたら、DigiOnからも同じような製品が…
こちらは、DVDに焼き付ける機能がついているみたいです。
これを使うと、一気に処理ができるので、時間を短縮できそうです。
Premiereを使ってDVを編集し、MPEG-2にしてDVDに焼き付けることもあるので、それにも使えると、DigiOn Authorがいらなくなっちゃいますね。

またDigiOn Author2 for DVDを使っていることを考えると、使い勝手が似ているこちらの製品かと思っています。
優待販売だと、値段もほとんど変わらないようだし。

最近は、Dolby Digitalを直接扱える製品が出てきたために、民生DVDの編集も簡単になってきました。
こうなってくると、速いCPUと豊富なメモリ、高速なHDDが必要になってきますね。

うちのPCで比較的高速に動作するのって、もしかしたらThinkPad T41のPentium M 1.6GHzなのかも(^^;
デスクトップは、Pentium 4 2.0AGHzのi850/RIMMという、ちょっと忘れられた遺産的なシステムだったりします。
※当時は高かったんだけど(^^;

※ここでの編集というのは、単純に切り取りだけですが(^^;

|

« テレビゲームとデジタル科学展(こうさぎ) | トップページ | スパイダーマン2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/1027746

この記事へのトラックバック一覧です: MPEG2編集ツール:

« テレビゲームとデジタル科学展(こうさぎ) | トップページ | スパイダーマン2 »