« モニュメントバレー | トップページ | 猫が踏んでも壊れない! »

2004年4月 4日

Libretto SS1000

うちには、Libretto SS1000があるのですが、せっかく無線LANも動作するので、これを活用しようとWindows98を入れようとしましたが、かなり苦戦しました。
リカバリーCD(Windows95)があるんですが、これをリカバリーすることができるCD-ROMがない(^^;
専用のFDDがあるんで、そちらを利用して、インストール環境を構築してから、再インストールということにしました。
しかし、ビデオドライバがない…(認識しないというのが正しい)。
インターネットから探し出してなんとかインストール。
いろいろインストールして、やっと無線LANで使うことができるようになりました。

未だにFDD(PCMCIA経由なんで)が認識しないんですけど、LANも使えるし、専用じゃないけどPCMCIAのCD-ROMが使えるようなので問題なしと考えてます。
しかし、東芝の小さなPCは結構面倒っすね。
ドライバのサポートもなくなっているのには驚きでした。初めから配布してなかったのかな。
IBMなんかだと、古いPCでもドライバをすべて用意できることを考えると、サポート悪すぎって感じです。

04040401.jpg

元々は、うちの奥様のLibrettoなんですが、再インストールしてすっきりしたので、また活用してもらうことにしました。
まだまだ結構使えますね。

しかし、32MBのメモリなんで、512MBのメモリのPCを使っていると、結構遅いですけど(^^;

|

« モニュメントバレー | トップページ | 猫が踏んでも壊れない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2700/392537

この記事へのトラックバック一覧です: Libretto SS1000:

« モニュメントバレー | トップページ | 猫が踏んでも壊れない! »