2017年11月 4日

iPhone Xついに発売

今回は初心に返り久しぶりにバンパーにしてみた。
やっぱり薄さがあまり変わらないバンパーは格好いいと思ってる。
ただ、今回はアップグレードプログラムEXにしたみたので、一切の破損は許されないんで安全重視ならガッチリしたケースに入れたほうが安全かもしれん。

DSC04572

今日は噂のカメラがどんなもんなのかを確認することにした。
ちょうど横浜に用事があったために、横浜から足を伸ばして桜木町まで移動してみた。

で、iPhone Xで撮影した画像がこれ▼
IMG_3731

比較のためSony α7/SEL2470Zで撮影したのがこれ▼
PDWI2356

分かりにくけど、iPhone Xのほうが色温度が低いのか少し黄色っぽい感じがする。
正しい色に近いのはα7のほうだと思う。
iPhoneXは暗い部分もある程度粘って綺麗に描画されているが、これはHDR処理のたまものではないかと思う。
やはりスマートフォンのほうが色が鮮やかな感じの出力になるよね。

縮小してみると、色が多少異なる以外まったく同じ感じもするけど、拡大表示すると一目瞭然。
まだまだ10万円を超えるようなカメラには敵わないけど、それでも2万円以下のカメラには勝っているんじゃないかと思う。もうここまで来ると小さなカメラはいらんかもしれない。
比較としてNIKON 1 J1を持ち出したほうが良かったのかもしれないが、現状だともしかするとNIKON 1 J1とキットレンズのほうが負ける可能性もあるかも。

液晶に限っては、今日のような秋晴れの晴天の下じゃ輝度を最大にしないと文字が読みにくい。ここが大きな問題だと思う。
Apple Watchは晴天でも見ることができるんで、Apple Watchは輝度を低くしてもかなり明るい設定になってんだなと思った。常に文字などが表示されないんで焼き付き問題がないからだと思う。
スマートフォンは焼き付き問題があるんで輝度が低めに設定されているではないかと思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日

ヨコスカサマーフェスタ2017

ヨコスカサマーフェスタへ行ってきました。
今年はミサイル駆逐艦ベンフォールドが一般公開でした。
同じ埠頭に日本の掃海母艦うらがも一般公開があり、こちらは艦橋まで入ることが出来ました

DSC04477.jpg

先日衝突事故があったフィッツジェラルドの旗がありました。

DSC04478.jpg

結構、人が並んでます。

DSC04480.jpg

DSC04484.jpg

DSC04487.jpg

DSC04488.jpg

DSC04490.jpg

DSC04492.jpg

DSC04494.jpg

DSC04496.jpg

DSC04497.jpg

DSC04499.jpg

DSC04501.jpg

DSC04502.jpg

DSC04504.jpg

DSC04506.jpg

DSC04509.jpg

DSC04510.jpg

消火時の装備

DSC04511.jpg

DSC04512.jpg

DSC04513.jpg

近くにF-18があったのですが、近くまでは近寄れません。

DSC04516.jpg

DSC04522.jpg

掃海母艦うらがに乗艦。いきなり機雷の詳しい説明を受ける。

DSC04519.jpg

うらが艦上から先日衝突事故を起こしたフィッツジェラルドが見られた。
前方にテントが張られているが、衝突した部分の外装は修理されているようだ。仕事が早いな。

DSC04520.jpg

ドラゴンボールで見たことがあるような装置だが、この装置で救助時など水圧を調整するらしい。
装置自体、船内にあるため立入禁止で詳しくは見ることができなかった。

DSC04524.jpg

信号旗が綺麗に管理されていた。

DSC04525.jpg

掃海母艦うらが艦長席。右端で視界が悪そうなイメージだったが座ってみたら前方が開けていてとても気持ちが良い。

DSC04528.jpg

案内をしていた女性自衛官

DSC04530.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日

護衛艦たかなみ

横浜大桟橋で護衛艦たかなみの一般公開があったので行ってみた。
ゴジラ効果なのか、横浜という地の利なのか、人が結構並んでいて乗艦まで30分くらいかかってしまった。

DSC04368.jpg

DSC04370.jpg

DSC04375.jpg

DSC04376.jpg

DSC04379.jpg

DSC04381.jpg

DSC04383.jpg

DSC04384.jpg

DSC04386.jpg

DSC04392.jpg

DSC04396.jpg

DSC04398.jpg

DSC04400.jpg

DSC04407.jpg

DSC04408.jpg

DSC04409.jpg

DSC04414.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日

サンコー電動エアダスター

サンコー&ジャストシステムの電動ブロワー(SHUっとね)を買ってみた。
猫を飼っているんで、パソコンの吸気口やキーボードに毛がついてしまうので、それを飛ばすのが主な目的。
今まではスプレータイプのブロワーかカメラの手動ブロワーを使っていたのだが、安いけどスプレータイプは毎回購入するので無駄になるので無限に使える電動にしてみた。
しかしながら、噂通り音がかなり五月蝿い割には風が弱すぎる。スプレータイプが暴風なら、サンコーのは微風程度。
五月蝿さは物凄く猫も慌てて逃げ出すレベル。
まあ、猫毛を飛ばすなら問題ないレベルだけど、コストパフォーマンスはいただけない。
ネタでは使えるレベルだが実用性は疑問符が付くだろう。

<<オススメ度>>

サンコー電動エアダスター:★☆☆☆☆
※★ひとつはにおいが臭くないから

スプレータイプエアダスター:★★★★☆
※コストパフォーマンスと臭いが問題だろうか

カメラ用手動ダスター:★★★★☆
※シュポシュポ手動でするので少し疲れる

20170525_111300226_iOS

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日

舞鶴(2)

舞鶴2日目は観光船による艦艇めぐり
11時、12時、13時の3本だけ運行されている
この観光船は写真を撮るなら唯一右舷に乗ることをお薦めする
右舷(席は4列のみ)しか見どころがほとんどないからだ
左舷に乗ってしまったらハズレだと思っていい
11時に4組目までに入れなかったら12時の4組目までを狙ったほうが良いレベルである
座らないなら船首の右舷を陣取るのが一番かな
写真を撮らないのならどちらでも構わないとは思うが…それでも右舷

掃海艇
木造船ということもあり比較的小さいが味がある

DSC04307.jpg

昨日は歩いて行った舞鶴航空隊
ヘリコプタを見た格納庫が見える

DSC04309.jpg

護衛艦あさぎりが修繕中
足場がある姿はなかなか見られない
船首の速射砲も取り外されていた

DSC04313.jpg

DSC04315.jpg

護衛艦あたご
こちらも修繕中らしい

DSC04322.jpg

多目的支援艦ひうち
こちらも修繕中
意外と修繕中の艦艇は多いみたいだ

DSC04325.jpg

北吸桟橋に接岸中の護衛艦まつゆきとせんだい
こちらは昨日の北吸桟橋からも見ることができる

DSC04336.jpg

北吸桟橋の護衛艦みょうこうの速射砲

DSC04338.jpg

北吸桟橋の補給艦ましゅう
結構でかい
アームがそびえ立ってる

DSC04344.jpg

ミサイル艦はやぶさ

DSC04349.jpg

北吸桟橋の反対側にある旧北吸浄水場

DSC04361.jpg

DSC04363.jpg

旧北吸浄水場は高台にあるので、そこから護衛艦ひゅうがなどを上から望める
ここは意外といい場所だと思う

DSC04364.jpg

もし観光船での艦艇巡りするつもりなら一泊したほうが安心だと思う
特に公開時間が極めて短い海上自衛隊第23航空隊を見学しようと思っているなら一泊は必須だと思ってもよい
艦艇巡りをしないのであれば泊まる必要もないと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日

舞鶴(1)

前日は天橋立の散策を堪能したのだが、メインとなる舞鶴1日目はあいにくの雨となってしまった。
出かける時には霧雨だったのだけど、どんどん雨が本降りになり一時期は強い雨で大変だったが、午後から晴れたので温度が高くなり歩きやすい気温になった。

まずは舞鶴赤れんが倉庫群を見学
ここを散策しながら、北吸桟橋へ移動した
歩いて10分程度で一本道なので間違いようがない

DSC04232.jpg

海上自衛隊の施設内にある北吸桟橋で艦艇を見学(船内の見学はできないが外から近くで見ることができる)
今回は艦艇数が多かったので見ごたえがあった
横須賀じゃなかなか見られない補給艦ましゅうやミサイル艦のはやぶさなどを見ることができて良かった

DSC04234.jpg

DSC04236.jpg

DSC04238.jpg

DSC04239.jpg

DSC04241.jpg

DSC04242.jpg

DSC04244.jpg

DSC04249.jpg

DSC04252.jpg

DSC04254.jpg

DSC04258.jpg

DSC04260.jpg

ここから道路に戻りさらに10分程度あるくことで海軍記念館がある
こちらも海上自衛隊施設内なので入り口で受付て入ることになる

DSC04264.jpg

資料のほかに講堂も見ることができる

DSC04265.jpg

DSC04266.jpg

さらに歩いて行くと東郷邸に到着
ここまでは普通に歩いていくことができる距離である

DSC04269.jpg

DSC04271.jpg

ここからが問題なのだが、赤れんが倉庫群から東郷邸まで歩いた距離と同じだけ更に歩き続けると舞鶴航空隊へ行くことができる
坂を越えて、さらにトンネルを超えて行くことになるが、歩けないことはない
ただ歩いて行く人がかなり少ないらしく自動車で行く人がほとんどだった
またこの施設だけ一般公開時間が1時間限定(14時から15時)なので、時間を調整するなど確実に早めにいくのが間違いない

倉庫内のヘリコプタを近くで見ることができる
さらにいろいろ質問して答えてくれるので、今まで疑問だったりしたことが明快になるのだが、一部極秘情報で教えてくれないものもあるようだ

ヘリコプタのプロペラ先端が曲がっているのは、B-767みたいなウィングレットと同じ効果を得るためらしい

DSC04272.jpg

このソナーは救難活動時に取り外すことになる
簡単にできそうに見えないので、つけたり外したり大変そうだ

DSC04273.jpg

DSC04274.jpg

DSC04275.jpg

前方のセンサー類
紫外線センサーや低周波・高周波のレーダーらしい
レーダー部が黒くなっているのは特殊な塗料を塗っているらしいのだが、その塗料が熱などでだめになるかららしい

DSC04278.jpg

ジェットエンジン部分

DSC04279.jpg

この羽根みたいに出た部分にミサイルなどを取り付けるらしい

DSC04280.jpg

DSC04281.jpg

ヘリコプタのほかに消防車を見学することができる
さらに運転席に座ることができた
ありがたい

DSC04283.jpg

ついでに防熱服を着ることができるようだ

DSC04289.jpg

DSC04291.jpg

最後に赤レンガ倉庫群に戻りホテルへ直行した
ここまで2万歩を超えていた

DSC04300.jpg

DSC04302.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日

天橋立

2017年の黄金週間(5月5日から7日)に舞鶴旅行へ行ってきた。
東京からだと京都で乗り換えて舞鶴へ行くのだが、京都からも結構時間とお金がかかる。

初日は東京から京都へ新幹線で移動し、そのまま京都から天橋立へ移動した。
天橋立を散策して、舞鶴へ移動して宿泊した。

天橋立駅を降りて、そのまま知恩寺へ

DSC04217.jpg

DSC04218.jpg

知恩寺の狛犬は、雄には角があり雌には角がない雄雌型のセットだった。

DSC04219.jpg

DSC04220.jpg

回転する橋
時間によっては観光船を通行させるために橋が一部回転するのを見ることができた

DSC04222.jpg

天橋立散策中に見つけたアームストロング砲

DSC04225.jpg

元伊勢籠神社の阿吽の狛犬

DSC04226.jpg

DSC04227.jpg

往復で5キロくらいなので、ゆっくり歩いて渡るのが面白いと思う
途中にいろいろ見るところがあるのでレンタル自転車なんかだともったいないかな

DSC04230.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日

旧日本陸軍登戸研究所

今日は旧日本陸軍登戸研究所へ行ってきました。
明治大学の生田キャンパス内にあるので、そのまま敷地の中を歩くわけですが、当然ながら観光地じゃないんで詳しい順路や場所が分かりやすい訳じゃないのでちょっと迷っいながら散策しました。

まずは弥心神社へ

DSC04182.jpg

DSC04178.jpg

DSC04180.jpg

当時の消火栓が2つ残っているようで、ひとつは上に出ているのですが、もうひとつは半分以上埋まってしまったようです。

DSC04185.jpg

DSC04184.jpg

DSC04186.jpg

DSC04189.jpg

生田キャンパスには資料館があるので、資料館でいろいろな資料を見てみます。
風船爆弾の資料があるのですが、風船爆弾って単純に風船を偏西風に乗せて米国に送っていたと思ったら結構凄いシステムになっていて驚いてしまった。
しかも10%も成功していたのには更に驚いてしまった。

DSC04193.jpg

気球の下に砂袋のバラストを用意して、それを順次落としながら高度を保っていたとのこと。
中央に爆弾や焼夷弾を配置していたらしい。

DSC04198.jpg

DSC04196.jpg

DSC04197.jpg

DSC04199.jpg

缶詰爆弾の時限装置となる腕時計ということらしい。今でもスパイのアイテムで使えそう。

DSC04201.jpg

(外国紙幣の)偽札工場があったのだが、耐震や老朽化で解体してしまい、その一部が展示されている。

DSC04202.jpg

DSC04204.jpg

偽札の原盤は当時日本軍が本物を摂取したものを元にしたとのことで、実際には偽札だけどかなり出来が良かったんだろうと思う。
ただ展示したあるものは色合いとかが異なっているんで分かり易いが複製だったりすんで、実際はどうなのかは不明。

DSC04205.jpg

資料館の裏側には弾薬庫跡が残されている。
いかにもって外観だけど中に入ることはできない。

DSC04206.jpg

DSC04210.jpg

DSC04212.jpg

最後に動物慰霊塔へ
対象物がないので大きさが分かりにくいが結構大きい。ただ奥まったところにあって気がつかない。

DSC04213.jpg

DSC04215.jpg

最後に桜がまだ頑張って咲いていた。

DSC04187.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日

Apple Watchを一週間使ってみて…

Apple Watchはfitbit Charge HRの置き換えとして使っている。
そのため、ライフログとしてと、目覚まし時計としての使い方が基本となっている。
これを置き換えたことに関しては特に問題ないようだ。
ただ、ライフログとしての使い方のひとつで+αとしてワークアウトを利用すると思った以上に電池のもちが悪くなってしまうことが気になった。
電池の持ちは、単純に通知を中心に利用して、シャワーの前に腕から外し充電を初めて寝る前に腕に取り付けるという使い方を基本にしているが、これで一日中利用しても問題ない電池の持ち。ギリギリで電池の持ちを切り詰めれば2日くらいは充電なしでいけそうな感じもする。
公称18時間というのは、ワークアウト系のアプリを数時間使ったりということを想定しているのだと思う。

fitbit Charge HRと比較して良かった点は

  • 今までバックルの金属部分でたまに被れることがあったが、それがなくなった
  • 電話だけじゃなく、SMSのメッセージや、SNSのメッセージが通知される
  • 便利なアプリが利用できる
  • ディスプレイが大きく見やすい

ということがあります。
逆にデメリットもあり

  • より大きくより重くなった
  • 電池の持ちが悪すぎる(毎日充電する必要がある)
  • 画面のタップだけで簡単に情報を切り替えられない
  • 睡眠分析機能がない
  • 管理アプリが使いにくい

というのがあります。
睡眠分析はサードパーティのアプリを使えばできるらしいけど、標準で搭載して欲しい機能かな。

一週間使ってみて概ねCharge HRからの置き換えに満足しています。
電池の持ちさえ解決できれば、かなり使い勝手がよくなりそう。
ライフログとして一日中付けている人にとっては結構死活問題なのが電池の持ちだと思うけど、ここに拘る人は他の製品を使うのかもしれない。
ただ、fitbit Charge HRを2つ壊してしまった身としては、どうしてもCharge 2を買うことはできないんだよねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日

Apple Watch Series 2

fitbit Charge HRを1年半くらい使ってきたが、初代Charge HRは本体からカバーが外れてしまい、交換した二代目Charge HRは本体からバンドが外れるということで、2台も壊れてしまった。
壊れた部分を分析してみると、接着剤にて接続された部分で接着剤による剥離が問題じゃないかと思っている。
特に2台目は真夏に付けたまま活動していると、本体に接続されているゴム部分が太陽の熱での変形してしまったりと、どうしても外で使うには心もとない。というかフィットネスバンドが外で使えないってのはねぇ…

ということで、fitbit Charge 2を購入しようと思ったのだけど、この部分についての改善が見られないと何度も交換ということになってしまうので、思い切ってApple Watch Series 2を購入してみた。
Series 1でも問題ないとは思うんだけど、いろいろ改善されているようなのでSeries 2としてみた。

fitbit Charge HRと比較して、電池の持ちがあまりにも悪いのが気になっている。
Charge HRは一度充電すると数日持つので、当然ながら寝ている間にも付けている。そして目覚ましとして使っている。旅行でも充電なしでも問題なかったりする。
しかし、Apple Watchについては、思った以上に電池のもちが悪い。現状いろいろ設定したりしているからかもしれないが、やはり1日持たないんじゃないかと思っている。
朝軽く充電して帰ってから軽く充電して目覚ましに使うという使い方になるのではないかと思っている。

iPhoneの情報の一部を表示できるのでiPhoneを見なくても良さそうだが、手元にあるiPhoneを見りゃすみことだと思うんで、それほどApple Watchが便利ということはないと思う。
ただ、電車に乗っていて乗換情報などをiPhoneから転送しておけたりとか、いろいろと便利なシーンはあるだろう。
このあたり数ヶ月くらい使ってみないとなんとも言えない。

fitbitも品質がかなりよければ使い続けるんだけど、これだけ壊れちゃうと次を買うという選択肢はなくなっちゃう。
スマートウォッチじゃなくフィットネスバンドとしては完成に近いfitbitはこのあたりで損をしているじゃないかな。

<一台目:本体からカバーが外れてしまって、充電ができない状態になってしまった。さらにサイドボタンも押すことができない状態になっている>

20160613_125918677_iOS

<二代目:両端のバンドが同時に本体から外れてしまっているため、ほとんど皮一枚で繋がっているので強くバンドを締めることができないので心拍計が動作しないことが多い>

20170216_034319755_iOS

<新導入のApple Watch:fitbit Charge HRに比べかなり思いのを実感できる>

20170217_140453124_iOS

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日

今まではMadCatz派だった

今まではMadCatz派だったが、Razer派に鞍替えしてみた。
左手キーボード、マウス、マウスパッドまで揃えたが、ここまでかな。ヘッドホンはソニーが一番。

20161118_102251473_iOS

マウスパッドは一番小さなやつだけど、もう一回り大きいのでも良かったかなとは思う。
以前使ってたジャストシステムの貰い物のマウスパッドより感じはかなりいい。マウスパッドにお金を出せるかどうかだろうけど、出す価値はあると個人的には思うが、他のデバイスと大きな違いが見いだせないかもしれないので難しいところではある。
キーボードやマウス、ディスプレは良いものや納得したものを使うのが良いんだけど、マウスパッドはそれらに比べて微妙ではある。難しいところ。

Razerの製品を使っているなら買う価値はあるとは思うが、以前のようにMadCatzを使っているなら買わなかったと思う。ちょっとおかしいもんね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日

CORSAIR H110iGTX

PCを動作させた状態でケースのフィルタを取り外し、掃除してから戻す時にフィルタをファンのブレードにぶつけてしまったようで、ブレードの一部がケースから飛び出してきた。
ケースの吸気ファンの後ろにラジエタを配置しているので、こういう危険はあったものの、Antec SOLO時代からやっていたので気にしてなかった(SOLOはファン前が保護されていた)。

20161108_100903861_iOS

20161112_004931227_iOS

まあ、これだけ壊れても風が送られていれば問題みたいなのだが、ファンの一部の中心軸がずれてしまうようで、ケースが小刻みに震えているようだ。これだけ重いケースが小刻みに震えるということは、かなりの負担がかかっているのだと思う。

そこでファンの交換を行うことにした。1600回転程度の上限で問題ないとは思うのだけど、同等品でとりあえず2000回転まで回る製品を探してみた。意外と少ないようでかなり限られてしまうようだ。

今回交換に使ったのは、Noctua NF-A14 industrialPPC-2000PWMという製品である。ちょっと高い。

20161112_005006073_iOS

特に問題なく交換することは出来たが、noctuaの特徴である角についてる振動低減ゴムが意外と邪魔になり、これを付けたままだと縦に2つのファンを配置できませんでした。
仕方がないので上に配置したファンはゴムを付けたまま、下は上の部分のゴムを取り外しています。力いっぱい押し込めば入るのかもしれませんが、ゴム同士の摩擦が強く、また強く押し込むとゴムがずれたり外れる恐れがあったために諦らめました。

この製品は静音でもなく防塵防滴仕様で比較的産業向けということもあるのか、あまりレビューが少なく心配だったのですが、このファンで正解だったと思います。
まず、H110iGTX標準のファンより遥に静かであること。今まで交換しなかったことを後悔しました。
Fractal Design Define R5で使うには十分なファンで、さすが水冷ラジエターのために購入する人が多いのもうなずけます。

Core i7-6700K(4.8GHz)で使っているのですが、このOC状態でも70度を超えることはありません。今まではこの状態になるとファンが唸っていたのですが、まだ唸ったところをみたことがありません。
CORSAIR H110iGTXのファンの音に悩まされているのなら、交換も視野に入れるべき製品かと思います。

ただ、このファンは入手性が非常に難しそうな感じもするので、今後の交換も考えるともっと普及して欲しいかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日

Sony MDR-HW700DS

PCのスピーカーの調子がかなり悪くなってきた事と、椅子をオカムラのサブリナに変えたこともあり、メインの視聴環境をヘッドフォンに変更してみた。
パソコンで映画とかも見ることもあるんで、どうせ購入するのならサラウンドタイプのヘッドフォンをと思い、清水の舞台から飛び降りるつもりで思い切ってソニーのMDR-HW700DSを購入。
HDMI接続で利用することができる最大9.1chの最強の無線サラウンドヘッドフォンである。
ただ、テレビに接続することを考えている製品でありPCに接続する場合にはかなりの労力が必要になる場合もある。

手持ちのディスプレイがDELL 3007WFPという古いディスプレイ(DVI-D接続)と、iPadの液晶パネルをDisplayPortで接続しているだけなので、直接HDMIでの接続ができない環境となります。
とりあえず音を取り出すためにビデオカードをHDMI経由でMDR-HW700DSへI接続してみたところ、HDMIにディスプレイが接続され画像が出力される状態と認識されてしまい、見えない画面が存在してしまいます。いろいろパターンを確認しましたが、どうしても見えないディスプレイが出来てしまいます。
ということでHDMI接続でディスプレイに接続されていないと最低使えないようです。
じゃHDMI接続していないディスプレイの場合にはどうすべきか。
王道ですがS/PDIFを経由するしかないようです。
入力をTVにすることでS/PDIFの入力をヘッドフォンに出力することができるので、こちらで対応するのが間違いないようです。
現在、この環境で2chテレビを見たり5.1chの映画を見たりすることが出来ています。
ゲームで使い方ったけど、思ってみると5.1ch対応のゲームを持っていなかったりするのが…

ただ、スピーカーでゲームをするのとヘッドフォンをサラウンドでゲームをするのでは全く違うことがわかります。ヘッドフォンのほうが確実に没頭できます。
PlayStation 4など専用のコンソールだと5.1ch対応のゲームも多いので、ゲームをするならコンソールのほうが間違いないと思うけど、PCで接続した時もDTS NEO:Xが使えるんで音の広がりは2chと云えどかなり広がりがあり臨場感が増します。

PCで使う場合にはHDMIでしか表示されないメニューが利用できないので100%のパワーを使えないですが、HDMI接続でない場合には使えない(設定できない)機能が多くなるため100%のパワーを出せないかもしれません。
それでも満足がいく製品だとは思う。

ヘッドフォンもUSB充電なのでプロセッサに乗っけたりとか制限がないのがいいかもしれない。
現状は使っていないけどHDMIの3チャンネルセレクタにもなるので、価格が高い製品だけど総合的に考えると値段なりの製品だと思う(決して割高でなない)。
ただ、PCでの接続を考えているならHDMI経由で接続できることが前提になると思う。
もしもHDMI接続でディスプレイに接続していないのであれば、S/PDIF出力があることが必須となる。ただ、常に2chでもいいのであればRCA端子での接続もできるが、それだけのためにこの製品を買うのはもったいないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日

オカムラ サブリナ スタンダード

1ヶ月待ちに待ったオカムラのサブリナスタンダードが納品された。
エクストラハイバックでランバーサポート付のほぼフルオプションで購入したのだが、大塚家具で古い椅子を1万円で下取りしてくれたため、思ったより負担が少なかった。
といっても高い買い物ではあったが、以前使っていた椅子と比べても比較にならないくらい座り心地が向上した(前の椅子も安いものじゃなかったけど)。
なんで今までサブリナを買わなかったんだろうと後悔するくらい、購入して良かったと思う製品。
椅子に座るのが楽しくなる。

サブリナは今回購入したスタンダードと手元操作のスマートオペレーションの二種類があるのだけど、スマートオペレーションは手元操作ができる代わりに前傾姿勢がとれない。
それほど前傾姿勢を使うことはないと思うが、ここがネックになってスマートオペレーションを購入できなかった。まあ手元操作が楽といえば楽だけど、ちょっと手を伸ばせば同じなので、前傾姿勢を優先してみた。前傾姿勢を使わないのであれば、スマートオペレーションが良い選択だと思う。

今まで使っていた椅子は、中立から前傾姿勢に近かったので、少し前のめりになっていたが、今回は後傾姿勢にできるので少しだけ後ろに倒して使っているが結構楽である。

座面がクッションなのだが、今まで使っていたのがヘタれていたのもあるが、異次元の座りやすさ。
背もたれ部分がメッシュなので、ちょっと暑い時期では汗がかきにくいと思うが、冬はちょっと寒いかもしれない。

あえて難点を上げるなら納品まで1ヶ月かかるところだろう。もう少し早くならんもんかね。
ランバーサポートは思ったより固くないが、このあたりは長く座ってみないと分からないと思う。

20161005_091251000_iOS

今回は、自分の椅子だけじゃなく家人の分も買った。
家人のほうが、うちでPC作業をすることが多いんで、自分よりは活用されるであろうと思う。
自分の好きな色を選んでいるんで統一感はない。

 

20161005_124335000_iOS

20161016_114116365_iOS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日

QNAP TS-228 その後

QNAP TS-228を導入して10日程度。いろいろわかった来たことがあった。
まず、HDDの温度に関係すること。
背面にできるだけ熱を発するものや空間を小さくするような配置はご法度のようだ。
TS-228の背面に無造作にアダプタを置いていたのだけど、それを離しただけでHDDの温度が55度を超えることがなくなった(だいたい51~52度程度のようだ)。
唯一背面で一部露出している金属の部分があるが、そこを触ると結構暑い。ここがCPUなどの温度を逃がす部分と共有されているんだと思われるが、ここを冷やすことでさらに効果があるのかもしれない。
次回いろいろと実験してみたい。

写真関連で利用したいのでPhoto Stationを有効にしてみた。
これは、ブラウザでも見ることができるが、スマホ(QPhoto)でも見ることができるので、スマホに入っていない写真を外で確認できるという利点もあるから。
QPhotoでマルチメディアスキャンを開始するとサムネイルなのかキャッシュを作成するようで、順次指定されたフォルダにある写真ファイルをスキャンしてくれる。
写真の量が多いので数時間かけてスキャンしているようだ。
ここで、JPEGだけじゃなくRAWについてもスキャンしてサムネイルというかキャッシュを作成しているようで、同じ写真が複数(二重)表示されてしまう。
マスクできるといいんだけど、その設定がないようでRAWも常に処理されてしまうようだ。
キヤノンやニコンのRAWだけじゃなくソニーのRAWも処理するようで、RAWは結構処理能力が高いように思える。
結構多いと思うけどRAWで写真を撮って保存している人は注意が必要かもしれない。
※ 手持のカメラはニコンとキヤノンとソニーしかないので他社のRAWについては不明

▼NASの大きさを猫と比較してみた

20160919_033808000_iOS

20160918_134209000_iOS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«QNAP TS-228